2006年02月16日

時代の最先端を行く!

sonyタイマーをご存じだろうか
SONYの技術力の粋を結集した、消費社会にもっとも適応した技の一つだ

通常メーカーは販売する製品にある程度の保証期間を設けている。
これは、万が一不良品などが流通してしまった際に、消費者を守るためにあるのだが、メーカーとしてはあまり長期間保証を付けてしまうと、次の製品が売れにくくなってしまう
そこで、SONYは考えた
保証期間まではメーカーの責任だが、保証期間を過ぎてしまえばそれは購入した消費者の責任なのだと
sonyタイマーの発現である

つまりこういうことである
耐用年数が保証期間と少しの部品を使うことで、部品コストの圧縮と保証期間が切れると同時に製品寿命が過ぎるという理想のシステムを確立した(笑)

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2006年02月14日

電気用品安全法(大幅加筆修正)

電気用品安全法で解釈に間違いがあったようなので訂正

赤旗 

どうもこの法律に中古品が含まれたのは昨年の11月に一部の官僚の解釈で公議になった模様
それまでは本法では中古品については言及されておらず、業界も問題視していなかった


ところが、突如中古品も本法の範疇に含まれる事が見解として公式回答されたため、この騒ぎになったとのこと

情報元はあくまでも業者への取材の形で書かれているので、本当に公式見解が出されたのが昨年11月なのか真偽は不明だが、確かに本法内には中古品について言明されていない

となると、これは由々しき問題となる

猶予期間終了直前に対象物に入れられてしまったとしたら、業者が対応できるはずもなく、これは明記されていないことに関して拡大解釈による被害と見なせるだろう

よって、業者の怠慢としたあちきの意見を白紙撤回させていただきます

少なくとも、法に則るのであれば、書いていない事を拡大解釈するのは裁判所だけにしてもらいたいものだ
弁護士や一部の官僚の胸先三寸で都合の良いように解釈されてしまっては困る

確かに安全管理の面で言えば中古品も含まれてしかるべきなのだが、本法では製品の製造と販売を対象とした法律であって、中古品は製造ではないのだから含めるのであれば別途記載すべき事柄だったはず

経済産業省はこの件に関して公式に発表していないのだろうか
だとすると、法律を厳密に解釈するならば、中古品の販売に関しては本法が及ばない事になるのだが
Q&Aでは中古品も対象と回答しているが、あくまでも経済産業省の法解釈になる


4月以降、誰かが裁判で争ってみなければ、法解釈を巡っての議論は尽きないだろう

------------------------------------------



電気用品安全法がもうすぐ猶予期間を終えるのですが、それに伴い、リサイクルを含む中古家電の販売に規制が始まります。

参考リンク
電気用品安全法 〜 PSEマークのない電気製品にはご注意を!

詳細はリンク先をご覧ください。

要は平成13年に施行された電気用品安全法の改定により、製品の安全性を検証済みの製品に添付されるPSEマークが付いていない電化製品の売買が禁止されるということです。
流石に施行と同時に禁止するのは厳しいと、5年の猶予が与えられていたわけですが、めでたく本年3月で満期となり、4月以降はPSEマークの付いていない電化製品の売買が禁止されるということです。

平成13年中頃に購入した製品に関しては、多くの場合PSEマークが付いているので安心ですが、それ以前の背品では付いていませんので、今後は売買ができなくなります。

一番の打撃は、中古を取り扱うリサイクル業者でしょうか。

大手リサイクル業者であるハードオフなどでは既にPSEマークの付いていない製品の買い取りを中止しており、猶予期間終了前に在庫を払うのに必死とのこと

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | デジ物| 管理者専用

2006年02月13日

手口の巧妙化

「正規の証明書を持っているサイトも信用するな」,フィッシング研究者が警告 ITpro

フィッシング詐欺の手口が巧妙化している
フィッシング詐欺はメールなどで偽の入力画面へ誘い込み、カード番号や口座番号、暗証番号を盗み取るのが常だったのだが、自前のサイトであるために、証明書を習得する必要のあるセキュリティ表示の無い場合が多く、見破るのが簡単だった

しかし、本来ならば詳細な内容の届け出が必要な証明書の発行を匿名でも証明書を発行するサービスがあるとかで、遂に詐欺の手口もここまできたかと考えさせられる。

まったくもって、悪行への情熱というのは凄まじいものだ。

記事にあるように、二度目のアクセスでは正規のページへと転送する等、本当に研究がなされている。

こういったことをやっているのは極一部の悪なわけだが、危険を未然に防ぐ意味でネットを規制するというのも、あながち間違った考えではないのかもと思えてくる。

今はグローバルIPアドレスも自由に習得できるが、いずれは習得するのに国家レベルでの申請が必要になるかもしれない。
いや、いっその事ネットの為の免許制度を発足させるのもまた、一興かもしれない


なんにせよ、インターネットの利用には注意が必要だということだ。

 
posted by G's at 16:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | デジ物| 管理者専用

デフレスパイラルの片隅で

三洋電機がノキアと携帯電話合弁会社、臨時株主総会に向け構造改革加速 nikkeibp.jp


三洋電機が経営再建中というニュースをみたのは大分前だった気がしましたが、やっぱり自社では立ちなおれなかったようで、採算の悪い携帯電話事業をノキアとの合併で凌ごうとしていたようですね。

あちきはvodafoneで三洋のSA-03を使っていたのですが、後継機がでないので今の602SH(シャープ)に乗り換えてしまいました
嫁はいまだにSA-05という化石みたいな機種を使っているのですが、ここ最近電波状態が悪いので、機種変更を予定しています。

携帯電話は各メーカーごとに操作体系が異なるので、できれば同じメーカーを使っていきたかったのですが、まともな後継機がでないのではお話しになりません。

というか、三洋はvodafoneから撤退したようですが・・・
auの端末では良い機種を出してますので・・・

今の携帯産業の激化の原因は、記事のおわりにあるように「価格競争の激化で収益性は急速に悪化している。」果てしないデフレスパイラルの影響が悪い方向へ向かってしまったのが要因でしょう


posted by G's at 15:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | デジ物| 管理者専用

電動ポットをなおす

わが家の電動ポットがすこぶる調子がわるく、お湯の出がかなり悪くなったので、給湯用のポンプの故障ではないかとにらみ、分解してみた。

最近のポットって、簡単に分解できるんだなぁ

底を開けて、コントローラー基盤を外し、ポンプとモーターを外した後
pot01.jpg


ポンプとモーター
pot02.jpg



意外な事に、ポンプに問題は無く、給湯パイプも詰まっていなかった・・・
うーむ、原因は一体なんだろう?

ポンプの分解写真を撮り忘れてしまったが、正直単純過ぎて記録を残すほどのものでは無かった(笑)


組立後は全く問題なく給湯されるのだが、よくわからんなぁ

 
posted by G's at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2006年02月07日

業界の舞台裏

パソコン修理料金の謎 デジタルAREN

非常に興味深い記事です。
パソコンに限らず、電化製品の修理代金は不透明な高額を請求されていると感じる事が多々あります。

特に、あちきの場合自分で修理できる範囲、特に部品交換などで技術料10,000円とかかかれている請求書には納得の行かないものがあります(苦笑)
もっとも、奇麗に分解、正確な修理、正常に組立を行なってもらうのであれば、それは決して高くないということも、長年の経験則から理解しているつもりですが。

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2006年01月23日

携帯電話にHDD搭載(多機能は便利か)

KDDIから待望のHDD搭載携帯電話が発売となる。

東芝製のW41Tは、4GBのHDDを搭載し、専用ケーブルにて、PCと接続すると512MBのUSBマスストレージとして活用できる模様。

デザインは今風のパステル調で、メイン画面に2.4インチQVGA液晶を採用し、有効画素数323万画素のカメラ機能を搭載している。
さらに、学研の電子辞書「辞スパ」を本体メモリに収録。

ここまでくると、携帯電話風のPDAと言っても過言ではないだろう。

W-ZERO3はPDA風の携帯電話だが、アレで電話する姿は決して恰好が良いとは言えない。
W41Tならば、そこそこのPDA並みの働きはしてくれる。かつ、電話としても問題ない(苦笑)

望むべきは液晶画面の大きさだが、携帯電話というサイズの範疇では、最大でも3インチが限度だと思われるので、画面の拡大を求めるならば、素直にW-ZERO3等のPDAに移るべき。

後は任天堂DSの用にW画面を採用するなどの携帯電話としてのサイズを超えないで画面を大きくする必要が有るのではないだろうか。

もっとも、携帯電話にあれだけの機能を詰め込む必要性があるのかどうかは定かではない。

 続きを読む
posted by G's at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2006年01月19日

光学機の精鋭メーカーの辞去

近年合併したコニカミノルタがカメラ業務からの撤退を表明した。

レンズ交換式デジタル一眼レフカメラに関してはSONYへ事業を譲渡する事が決定している。
コニカミノルタ製品のサポートに関しては、本年四月以降はSONYが受け持つことになる。
一部のデジタルカメラ、交換レンズなどに関しては、開発を続けるようではあるが、コニカミノルタブランドでの発売は無い(すべてSONY向けとなる)模様。

カメラ事業、フォト事業は本年3月31日を持って終了する。
この決定により、コニカミノルタブランドのカメラ(含デジカメ)、フィルム、は事実上消滅する。

posted by G's at 19:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | デジ物| 管理者専用

バイオハザード再び

バイオハザードDS

息の長いゲームですな。
あちきは初代をPC版でやっていたのですが、解けませんでした。

今回発売になるのは、任天堂DS用で、タイトルもわざわざDS(Deadly Silence)と名づけてあるあたり、DS専用の自信作の様です。
しかも、ゲームモードはDS版(RebirthMode)、ワイヤレスプレイ、オリジナル版を遊べるClassicModeまであり、ひとつで三度美味しいソフトになってます。

なんといっても2画面を有効に使ったゲームシステムが光ります。
常にマップが表示されたり、アイテム表示などで2画面を有効に使い、さらにスタイラスで選択、攻撃など、DSならではのシステムが採用されています。

思わず欲しくなる。

DS バイオハザード デッドリーサイレンス【通常版】 1月19日発売予定1月19日発売予定【ユーパラ予約】NDS バイオハザード デッドリーサイレンスNDS バイオハザード デッドリーサイレンス(新品)

 
posted by G's at 16:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2006年01月18日

半田ごて

職場の機械が壊された壊れたので、修理しました。

まぁ、よくある断線なんですが、開けてびっくり、普通こんなところが切れるか?

ひっぱれる部分ではないし・・・半田不良でもないし、一体全体どうやって切ったんでしょう?

nscall.jpg

写真上の青のラインが切れていました。
posted by G's at 11:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2006年01月05日

メモリカード

あちきはvodafoneで、SHARPの602SHを使っているのですが、買って一年半、本体は傷だらけになりつつも、問題なく使えています。

ところが、ここ最近メモリカードの長子がすこぶる悪く、データ消失の憂き目に何度が遭遇しました。

あちきはPCと連携させているのですが、カードリーダーに差し込む際に、誤って液体の入ったコップに落したことがあり、どうやら故障してしまったようです。

PCで読み書きしたあとに携帯へもっていくと、高確率でデータが消失します。
よく言われるように、フォーマットは携帯で行なっているのですが・・・

あまりにも頻回に消失が起きるので、愚弟から512MBのSDカードを借りて来ました。
以後、まだ一度も消失が起きていないので、やはりメモリカードの故障の様です。

皆さんもメモリカードの取り扱いにはご注意。

 
posted by G's at 10:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年12月13日

WILLCOMの戦略

W-ZERO3フィーバーに踊るWILLCOMだが、ここにきて馬鹿な戦略を開始した。

W-ZERO3 抽選販売について

あほですか?

じゃぁ、今日までに予約した人はどうなるんですか?

『出荷が落ち着くまで随時抽選をいたしますので、出荷数が安定したところでお渡しできます。


はぁ?

あほか・・・
予約した人よりも抽選に当たった人が優先されるそうだ。

予約した人間は逃げない、応募者を優遇した方が利益が出ると踏んだんだろうけど、あからさま過ぎだよ。

WILLCOM、殿様商売してると、機械だけ取られて通信契約切られるよ。
正直、W-ZERO3で通話しようなんて奴は皆無。
馬鹿な対応しかしないWILLCOMなんて、相手にしたく無い。


年間契約無しでも42,800円だ、くだらない馬鹿と押し問答する手切れ金だと思えば、痛く無い。
事務手数料が2,800円、解約手数料なんてふざけた料金も取るらしいけど、サービスが悪いくせに、『何言ってんの?』という感じ。

W-ZERO3は購入後、通信契約を解約して使う方が利便性が上がりそうな予感。
無理してWILLCOMの回線使う理由はないしね。

posted by G's at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年11月23日

SONY帝国の崩壊

幾度も取り上げているが、アメリカSONYBMGのrootkit問題は、自社回収と言う結末となった。
もっとも、法的にも問題有りとして、集団訴訟になっているので、正直SONYBMGの今後の見通しは非常に暗い。

そして、海の向こうでの話ではなく、国内でも新しい問題が起きた。

Walkman A シリーズをご存じだろうか。
すでにTVCMも始まっているので、ご覧になった方も多いとは思うが、あの斬新(と言っておく)なデザインのソリッドオーディオプレイヤーである。
iPODの対抗品として満を持して登場したのだが、既に問題が生じている。
というか、噂によると、販売前より付属ソフトの問題が明らかになり、パッケージに間に合わないことから、パッチが登場しているとのことだ。

そして、やっぱりというか、当たり前の様にこの問題に関するまとめサイトが立ち上がっている。

Walkman A シリーズについての噂をまとめてみる。
 続きを読む
posted by G's at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年11月22日

SONYBMG、スパイウェア容疑で提訴される

テキサス州、スパイウェア規制法違反でSONY BMGを提訴 ITmedia
電子フロンティア財団もSONY BMG相手取り集団訴訟 ITmedia

いやぁ、やっぱりそうですよねぇ。
明らかにスパイウェアであるものをユーザーに秘密裏にインストール、さらにはバックドアを仕掛けるというとんでもない代物ですから。

SONYBMG、潰れるかも・・・

証拠は完璧だし、容疑は知らなかったでは済まされないほどの危険なものですし。
賠償金と言うことにまで発展すれば、経営も傾くかもしれませんね。
 
 続きを読む
posted by G's at 11:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年11月16日

SONYBMGはセキュリティの破壊が目的なのか

「穴」を広げるSONY BMGのXCPアンインストーラ

いやね、もうね、なんというか・・・

あちきのようなプログラムの素人でも、認証無しにフリーでネットからのプログラムをダウンロード&実行がされるなんて、恐くてできません。
というか、この場合、ダウンロードと実行が同時に勝手に行われるので、ユーザーには防ぎようがないわけです。
rootkitの頒布だけでは飽き足らず、今度はネット接続でのセキュリティまで破壊するプログラムを強制的に実行させるプログラムを開始ですか。

しかも、自分達の自分勝手な行為の尻ぬぐいのはずの対応で、さらなる問題を引き起こすなんて、本当にSONYBMGにはまともな技術者がいないのでしょうか。

 続きを読む
posted by G's at 11:25 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年11月15日

ぷらっとホーム閉店へ

ぷらっとホーム秋葉原店が年末で閉鎖

秋葉原の名物といっても過言ではないほど、多くのユーザーに親しまれてきたプラットホームが、秋葉原での販売業務を終了することになった。

IBM等のパーツを始めとして、ノートPCのメモリや周辺機器、LINUX関係を多く扱ってきた老舗の事実上の閉店となる。

同社が規格制作しているサーバーに関しては、引き続き販売、サポートが行われるが、個人ユーザー向けの商品は扱わなくなる模様。

あちきもノートPCのメモリを求めて訪れたこともありました。
IBMの保守パーツが豊富で、様々な方面で重宝していたのですが、最近の秋葉原への期待が同社の方針変更を余儀なくされたのではないでしょうか。

 続きを読む
posted by G's at 10:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年11月09日

マッチポンプ(悪と正義は紙一重)

“ワンクリック詐欺”容疑でネット犯罪ジャーナリスト逮捕

なんか呆れてしまう話ですが、捕まった容疑者は昨年TV番組でネット上における詐欺などの注意喚起をしていたのです。

その際も、携帯電話でのワンクリック詐欺を極めて簡単に行える詐欺で注意が必要と喚起しています。

 続きを読む
posted by G's at 00:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年09月30日

アイコン訴訟、松下逆転敗訴

ジャストシステムの一太郎に搭載されたアイコンのヘルプ表示に特許訴訟を起こしていた、いわゆる一太郎訴訟は、原告の松下電器産業の特許無効の判決により、松下の逆転敗訴となった。

特許訴訟などを一手に引き受ける知財高裁の大合議部は「松下の特許にはそもそも進歩性がなく、無効とされるべきだ」と判断し、松下の訴えを棄却とした。

これにより、一太郎を始めとするPCソフトのでのアイコンにカーソルを合わせるとヘルプが表記されると言うWindowsソフトでは極当たり前の機能はこれで何も問題なく使うことができる。

大体からにして、同機能を有しているソフトを大々的に販売し、そのシェアもジャストシステムの比ではないマイクロソフトを訴えることなく、売名行為に等しいまでの訴訟を起こすと言うのは、なんと言うか、アレですな。

 続きを読む
posted by G's at 22:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年08月26日

HD DVD & BD

HD DVD & BD戦争の続き

HD DVD は既にハリウッド映画会社が支持を表明

他にもマイクロソフト、ハリウッド映画会社もHD DVDを支持しています。

一方、BD陣営は世界一著作権にうるさい鼠の親分がバックにつきました。

これは強力な後ろ楯です。

さらには今年Intelプラットフォームへの移籍を表明したアップルもBDへ。

 
続きを読む
posted by G's at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用

2005年08月24日

HDとBD、規格乱立へ

結局次世代DVD規格の統一化はなりませんでした。

次世代DVD規格統一の交渉が決裂--「VHS対ベータ戦争」の再来か


東芝・NEC・三洋陣営のHD DVDとSONY・松下陣営のBD、懐かしきβ vs VHSを思い出させます。

企業はユーザーのニーズと言う隠れ蓑を使って、新しい規格のものを全面に押し出す。

それは何故かと言えば、成長の鈍った規格よりも、互換性を捨てて新しい技術を取り込んだ規格の方が高く売れるからだ。

正直、BDの50GBの容量は確かにすばらしいのだが、HDDレコーダーがあるなかで、そんなに大容量のメディアが必要だろうか?

しかも今までとは一切の互換性がないため、ユーザーは新たな出費を強いられるわけだ。

これについてはHD DVDも同様なのだが、こちらは既存のDVDの生産ラインの改修のみで対応できるため、価格は押さえられるとのこと。

BDは既に出まわり始めているのだが、互換性は皆無

HD DVDは現在のDVDの録画再生を保ちつつHD DVDへの録画再生をもたせることになる。

さて、本当の意味でのユーザ-本意なのはどちらか?

 

続きを読む
posted by G's at 12:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | デジ物| 管理者専用

icon icon
htmy300.jpgicon