2009年06月26日

Windows ありがとう キャンペーン

Windows ありがとう キャンペーンでアップグレード版Windows7が半額!

先行予約キャンペーンにより、アップグレード版Windows 7 Home Premiumが7,777円、アップグレード版Windows 7 Professionalが14,777円と通常価格の半額で手に入ります



ただし、WindowsVistaからは上書きアップグレードが可能ですが、XPからは新規インストールしかできません

まぁ、敢えて上書きアップグレードなんて冒険する人も少ないとは思いますが・・・

XP互換モードを使うためには、Professionalエディション以上が必須なので、あちきはProfessionalかな・・・

一つくらいは話の種に買っておいても損はないかと

続きを読む
posted by G's at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年06月17日

DRMの罠

久しぶりにCDをPCに取り込もうとしたところ、WindowsMediaPlayerがエラーで終了するようになってしまいました
エラーの詳細をみてみると、

ModName:indiv02.key
AppName:wmplayer.exe
Appver:11.0.5721.5145
ModVer:11.0.6000.6324
Offset:000fe3a3


なんていうのが見て取れましたので、wmp indiv02.key でググって見たところ、どうもデジタル著作権保護機能の問題らしいです

Windows Media Player 11 を使用してデジタル著作権管理 (DRM) で保護されたメディア ファイルを再生しようとしても、メディアが再生されないことがある


上記ページの原因の項目をみると、箇条書きで書かれている原因の殆どが該当してます(苦笑)
そう、問題が起きたPCは先日SUMICOM S600からATOM330へ入れ換えた職場用のPCなのです

というわけで、上記ページの解決方法を行ったところ無事動くようになりました

DRM、相変わらず面倒だな・・・

CPUを換えたくらいでDRM通らなくなるのは問題ありすぎかと

流石にマザーボード、周辺機器丸ごと入れ換えた今回の状況くらいだと、DRMが保持できないとかいうのは仕方ないかと思うのですが、まぁ、ないに越したことはないですね

折角取り込んだCDの中身まで再生できなくなっていたのには驚きでした
しかも、再生できない注意ではなく、ハングアップして落ちるというのはどうかと

せめて、indiv02.keyが原因なら、件のページを示唆するとかやって欲しいものです

posted by G's at 08:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月23日

転ばぬ先の杖

A disk read error occurred
Press Ctrl+Alt+Del to restart

先日まで問題なく動いていたメインPCが謎の表示を吐いて動かなくなりました

サブPCにてググッてみると色々話が読めました

そこで感じたのはいかに適当な解答者、いや怪答者が多いかと言うこと(苦笑)
恐らくは同様の事変に遭遇した事の無い連中が、狭い見識というか経験或いは妄想から答えているものが大半
もしくは今さらながらの助言等、切羽詰まっているであろう質問者はぶっ飛ばしたい衝動に駆られたと思います(怒)

まぁ、あちきも怒りに駆られそうになった一人ですが

 続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月21日

Woopie Video DeskTop の罠

FLVファイルをいじる必要ができたので、無料のソフトを探してよさげと思われたWoopie Video DeskTopをインストールしてみたのですが、肝心のFLVがまったく認識されず、アンインストールしました

で、仕方なくまた別のソフトを探していたのですが、おかしな点に気が付きました

FLVのアイコンが、何も指定していないときの物になってしまっていたのです

本来であれば、FLVPlayerのアイコンになるはずですが、これがならない

別段害はないのですが、気持ち悪いので何とかしようとしたのですが・・・

 続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月19日

Windows(既定)を消すために

なにやら色々やっているうちに、Windowsの起動メニューが表示されるようになってしまいました

Windowsの起動に関しては一切いじっていないにも関らず、何故か起動メニューが表示されるようになってしまいました
しかも、通常起動させている方ではなく、「Windows(既定)」と勝手に作られてしまった方がデフォルトで選択されているため、気が付くのが遅れるとそちらで起動してしまいます

害らしい害もないようなので、放置して置こうかと思ったのですが、これが案外気になるので解決すべく奮闘

 続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月15日

プチフリ改善

お気に入りのページでプチフリが改善できるというフリーソフトが紹介されていたので、プチフリSSDを組み込んだATOMPCでテストして見ました

プチフリ改善ソフト
FlashPoint

要はSSD(HDD)のキャッシュソフト
プチフリするSSDは細かなファイルの書き込みが苦手で多量の書き込みが発生すると時間がかかるため、フリーズ様を呈するのがプチフリーズの正体
そこで、メインメモリを使ってドライブのキャッシュをコントロールすることでプチフリーズを改善しようと言うのがこのソフト

さて、効果の程は?

FlashPoint適用前

atom_fpcm00.jpg

 続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月07日

WOLを極める

というわけで、無事休止状態へ入るようになったわけですが、別の問題が

休止状態からは、WOLなどで復帰しないのですね・・・

と言うわけで、あれ程必死になって模索した成果は全て無用の長物となりました

WOLで起動させるためには、完全電源OFF状態でなければならないとのこと
実際に試して見た所、問題なく起動させることに成功しました
が、しかし

しばらく使わない状態で放置した後、自動的にシャットダウンして欲しいのですが、Windows標準ではスタンバイもしくは休止状態にしかできません

そこで、無操作時間で電源OFFなどを自動実行するソフトを使うことに

おやすみタイマー vector

こちらのソフトを使うことで、決められた時間経過後に自動的にシャットダウンすることができます

待ち時間も最大999分まで設定可能です
まぁ一般的には10分程度があれば十分でしょうけど

続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月05日

休止状態から勝手に再起動する

というわけで、ファイルサーバ兼プリントサーバPCを組み上げたのですが、ACアダプタ駆動で電源部の発熱を抑えられると思いきや、筐体内のDC-DCコンバータが物凄く発熱します

スタンバイで待機させておくだけで、筐体が大分熱くなります
流石にこの状況では省電力云々は懐疑的

そこで、いっそのこと電源を完全に切ってしまう休止状態にすることで解決を図ることに

ところが・・・

休止状態に入るものの、すぐに再起動してしまいます
BIOSの設定、NICのWOL設定等色々見直してみましたが、何をしてもダメ

八方塞がり状態

 
続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年05月03日

Windowsの引っ越し

さて、職場用のPCをATOM330へと入れ替えを行なったのですが、今回は初の試みと言うか、手抜きでどこまでできるのかを試して見ました

一般的にはマザーボードの交換などのPCとして大幅な変更がある場合、例えHDDその他のパーツ類が同じものであっても、Windowsは再インストールするのが普通です

それは、マザーボードの交換では、チップセット等のシステムの根幹に絡むドライバ類の再構築が必須なためです

今回も多分に漏れず、HDDの内容以外は全て新規で組み上げたものです
つまり、ハードウェアは全てが入れ代わった状態でのWindowsのみの引っ越しを敢行しました

さてはて、うまくいくやら

 続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年04月15日

このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません

sharing.jpg

というわけで、仮処置でTYPE-Uをファイルサーバ兼プリンタサーバに仕立てているのですが、上記のメッセージが出てネットワークドライブの割り当てができません

まぁ、こういう時はググッてみるのが一番手っ取り早いので、そのように

そのままズバリの解決方法が見つかります

レジストリエディタを起動
「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「regedit」Enter

下記エントリーを探す
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

「IRPstackSize」をクリックして、「10進」をクリック
値のデータの部分に「32」を入力して「OK」クリック

IRPstackSize がない場合
「右クリック」-「新規」-「DWORD値」をクリック
「新しい値 #1」の名前を「IRPstackSize」に変更
「IRPstackSize」をクリックして、「10進」を選ぶ。
値のデータの部分に「32」を入力して「 OK」を押す。

最後に再起動をして、再度割当作業を行うと繋がるようになりました

設定した数値は32が最大値だそうで、通常は15らしい
TYPE-Uの場合、キー自体がなかったので、キー作成後15でも動いたかもしれませんが、最大値でも問題はないので、こうしておきます

posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年04月14日

リモートデスクトップ

今さらですが、Windows同士によるリモートデスクトップを初体験
Netmeetingを使った場合よりも、若干の手間があるものの、反応速度は快適レベルですし、表示色もNetmeetingの256色から開放されました

サーバOSがProfessionalで良かった・・・

設定方法などは下記ページを参照
リモートデスクトップ

posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2009年02月07日

傾斜した画像を補正する

ドキュメントリーダーで読み込ませたものの、斜行補正が効き難い、もしくは斜行補正が効き過ぎてしまった場合、普通の画像編集ソフトでは何かと手間がかかります

そこで、画像の傾斜を自動的に判別、補正までしてくれるソフトを使って補正して見ました

eTilTran

補正はほぼ自動で行なうだけで8割方は補正されます
時折、枠線の形状によっては全く効きませんが、手動で補正するにしても、格子グリッドが表示されるので目視でも非常に解かり易く、しかも、スクロールマウスの場合、スクロールボタンで傾きが変えられるため、非常にお手軽に操作できます

一部の書庫にも対応している(要対応dll)ので、書庫にまとめてしまったファイルでも、一括で修正が可能になります

さほどこだわりを持たないつもりでしたが、やっぱり真っ直ぐの方が気持ちよく閲覧できますよね(苦笑)

 続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年12月31日

英語キーボードユーザー必見!

あちきは昔(DOS/Vを買ったとき)から英語キーボードユーザーなのですが、何かと困るのがノートPC

まぁ、別に日本語キーボードが使えないわけではないので、大した違いは無いのですが、長文を打っていたりすると、英語キーボードが使いたくなります

ですが、ノートPCの場合、USBなどで英語キーボードを繋いでも、配列は日本語キーボードのままなので、キー表記通りには打てません
そこで、ドライバを英語キーボードに変えてしまうのが一番簡単なのですが、これをやってしまうと、今度は本体のキーボードがキー表記と違うことになります

あちきが使うノートPC(モバイル?)Type-Uでは外付けキーボードに英語キーボードを繋ぐと、ソフトウェアキーボードと異なるタイプになるため、かなり使いにくくなります


英語キーボードを繋いだときだけ、英語キーボード配列になってくれれば便利なのですが、Windowsではその機能はありません

そこで、便利なソフトを探したのですが、要望通りの機能がかなえられるソフトが見つかりました

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年12月01日

クライアントマネージャーの落とし穴

さて、職場の無線LAN環境がAOSSになったので、VAIO-U70もクライアントマネージャーを使って自宅とプロファイルを切替えて使おうと思ったのですが、インストールして初めて気がつきました

かつて、クライアントマネージャーの古いバージョンでは、自社製品以外の子機(PC内蔵の子機等)では使用できなかったのですが、最新バージョンでは無保証なれど、無線子機を内蔵したPCが増えてきたことからか、他社製品でも動作するようになっていました

ところが、親機までも他社製品の場合、使えないんですね

どうもチェックが入っているようで、「接続先またはパソコンに対象バッファロー製品が無いために接続できません」というつれない表示とともに接続と切断を繰り返し、使うことができませんでした・・・

自宅の親機はWYR-G54改なので、BUFFALOの皮を被った他社製品なので、これはどうしようもありません

いまさら、プチプチ切れる純正ファームに戻すのも気が引けますし、いっそのこと、自宅用にも買い換えを行なうべきなのか・・・

セキュリティもWPA-PSK(TKIP)ですし、悩ましい所です

ギガHUBつきの親機に買い替えるというのも良い話ではあるかと(苦笑)

posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年11月11日

DOSでUSB-CD-ROMを使う方法

手持のPCを幾つかヤフオクに出すために色々手入れをしているのですが、光学ドライブを内蔵していないノートPCのセットアップに手間取っています

USB接続のCD-ROMがDOSから使えれば、手間が省けるのですが、面倒でこれまでやってきませんでした

今回、自分なりにまとめたので備忘録

まず、USB接続CD-ROMのためのデバイスドライバを用意します
使用許諾からすると違反になりますが、全く無関係のドライブでもほぼ動いてくれるので、Panasonicのドライバをお借りします

KXL-RW40AN ドライバ
11/12/23ドライバの場所が変更されていたので、直しました。

上記ページからダウンロードしたファイルを適当なディレクトリに解凍し、F2Hフォルダ下にある、usbaspi.sys、usbcd.sys、ramfd.sysの3つのファイルを起動ディスクへコピーします

なお、諸々の理由により、起動ディスクはWindows98で作成したものが良いです
日本語表示関係のファイルを入れてもまだ余裕があります
WindowsMEの起動ディスクはWindows2000等のインストール時に不具合を発生し易いので、止めておきましょう

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年09月10日

ウイルスバスター2009

ついにやってきましたこの季節

仮面ライダーと戦隊物は2月、新学年は4月、そしてウイルス対策ソフトは9月に新製品へとバージョンアップするのですが、今年は大分早く発表された気がしますね

ウイルスバスター2009

今年は3年分更新してしまったので、否が応でも使い続けないといけないのですが、多分に漏れず、ウイルスバスターは奇数年は駄作なので、今回も気をつけないと・・・

思い起こせば、2003、2005、2007と大幅な変更と新機能が投入される度に不具合が出まくっているわけですが、今回はどうでしょうか?

あちきはヒトバシラーになるのは嫌なので、しばらく様子見です(苦笑)
昨年は11月後半になってようやく2006から2008にしました


例によって2ちゃんねるの掲示板では早くも舌戦が繰り広げられています(苦笑)

 
一部の既知のウイルス(トロイ?)が擦り抜けるという報告があがっていますが、早くも暗雲が・・・

最初の膿が出切るのはやはり11月ごろでしょうか・・・
それとも、2007の時と同じく、2010の登場待ちとか(苦笑)

 
posted by G's at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年08月25日

ウイルスバスター契約更新

一年というのは早いもので、昨年の更新からもう一年です

今回は3年分まとめて更新すると3ヶ月分おまけがついてくるキャンペーン中なので、思い切って3年分で更新して見ました

ウイルスバスタークラブ会員契約更新

昨年度より、更新費用が3,150円から4,725円へ値上げになったウイルスバスターですが、1シリアルで3台まで利用可になっているので、あちきのように複数台を使う場合には非常に重宝します
むしろ、割安になったわけで・・・

いきなり50%の値上げという暴挙だったわけですが、3台使えるということで、実質半値なわけです

もっとも、1台しか使わない場合、50%の値上げという酷いありさまなのですが・・

また、3年分一括払いだと、4,750×3の14,175円が11,000円の3,175円引きというおまけ付き
これに、3ヶ月分延長がつくので、4,750/12*3=1,187.5円もお得
合計、4,362.5円お得です

なんと、1年分もお得になるんですねぇ・・・


ただ、パッケージ版、ダウンロード版各々3年版が12,000円前後であるので、面倒が無ければ更新せずに新規にシリアルを追加するというのもありかも・・・
ショップによっては、ダウンロード版が10,000円をきる価格になることもありますので・・・

なお、3ヶ月のおまけは3年分更新の場合の特典です

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年08月18日

リモートして見る

サーバーのLOOXをFチェンジャーを使ってキーボード共有で使って見たのですが、中々便利です

ですが、便利な反面、それを多用しているとモニター入力を切替えるのが意外と面倒に・・・

というわけで、今まで面倒で導入していなかったリモートデスクトップを導入して見ることに

ただし、サーバー機がWindows2000なので、WindowsXPのようにお手軽にリモートデスクトップを使うことができません

そこで、@ITの記事からこんなものを見つけました
リモートからWindowsデスクトップを制御する方法
(NetMeetingを利用する方法)


いやはや、まさかこんなに簡単にリモートデスクトップが使えるようになるとは思ってもいませんでした

もっとはやく調べて置くべきでした

これで、モニタが無い環境でも十分サーバーが使えることが判ったので、LOOXは引退してもらうかも・・・・

 
posted by G's at 09:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年08月12日

キーボードを共有する

自宅環境ではノートPCであるLOOXT5をファイルサーバー兼プリンターサーバーにしているのですが、意外と不便です

何故かと言えば、LOOXはパソコンデスクの棚に閉じてしまってあるため、新しいPCが増えた時や、WindowsUpdate等の処置を行う際にどうしても面倒です

そこで、切替機を使ってメインPCのモニタとマウスとキーボードで使えないかと模索していたのですが、LOOXにはモニタ出力がなく、Svideoしかありません
この場合、切替機が使えないので、モニタは複数入力に対応しているのでキーボードとマウスのみ切替機で使うこともできるのですが・・・

今度はメインPCの環境がキーボードがPS2、マウスがUSBで無線式という変則的な使い方のため、これまた切替機が使えません

さて、どうしたものかと悩んだところ、モニタを切替ないのであれば、同一ネットワーク上にあるPC同士でソフト的にキーボードとマウスを共有できるソフトがあることをしりました

どこドア、DOKODEMO等が著名なようですが、なるべくお手軽且つ、無料という点で、Fチェンジャーというソフトを使って見ました

愛とゆりの部屋

これがどんぴしゃ!


LOOXの画面はSvideo入力なのでかなり汚いのですが、それでも手間なく(モニタの切替は手動)、ワンタッチで操作を切替られるのは物凄く便利です

ただ、メインPCは英語キーボード、LOOXは日本語キーボードなので、配列が若干異なる点が面倒ですが・・・

これは上位ソフトのSチェンジャーで解決できそうです
ただ、キー配列の割当変更は全て手動なので、手間がかかりそうです

現在、Fチェンジャーは開発中止で上位のSチェンジャーがフリーソフトとして開発継続中だそうです

なので、これから試す方はSチェンジャーを使う方がよいと思われます

 
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用

2008年07月09日

完全復元の話

完全復元で検索された跡があり、足跡を追いかけて見たところ旧バージョンの完全復元がIDE接続のHDDにしか対応していないことに腹を立てているblogがありました

うーん、最新バージョンの『完全復元PRO2008 Premium』
株式会社ジャングル
なら、SATAにも対応しているんですけど、当時は無かったんですね。




あちきはこのソフトに救われたので、本当に感謝しています
なので、復元ソフトを人に薦めるならこのソフトですな

実際に使って見て、、500GBのSATA HDDの復元で解析に40分程、復元に10分かかりませんでした

削除したパーティションが復活した時の喜びと来たら、生き別れた肉親との再会にも等しい感激です

というわけで、
『完全復元PRO2008 Premium』
株式会社ジャングル


お薦めです


 

posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用
ソニーストア ソニーストア
ソニーストア