2004年12月03日

目には目を、歯には歯を?

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/27/news003.html

まぁ、気持ちはわからんでもないですが、これをやっちゃうと、ネットワーク上のトラフィックをやみくもに無駄使いして、圧迫するだけじゃないのかしら?
続きを読む

2004年11月12日

マスコミュニケーション

新潟中越地震の取材攻勢に問題。
関西テレビの記者やカメラマンら3人がボランティア装って一時帰宅の住民に同行し、取材を始めたところ、警察官に見つかり、注意を受けた。

なんか、マスコミって、マスゴミと揶揄されるような行為を自らすることで、その品性というか、意義を無くしつつあるような気がします。

よくあるのが、犯罪被害者遺族への、「今のお気持ちは?」取材。
こいつら、馬鹿なんだろうなぁ。と毎度のことながら思わされます。

続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2004年11月05日

国家的詐欺?

NTTの施設負担金が無価値になる。

この話は以前よりでていたのですが、ついにこの話が現実のものとなりそうです。

施設負担金は一般的に加入権と間違われていますが、実際には加入権というものは権利のみであり、資産価値はないとNTTは言い続けています。

しかし、国はその資産価値の無いものを非課税とせず、しかも減価償却すら認めなかったのです。

また、差し押さえなどで、価値があるとして真っ先に差し押さえられていたのも、この加入権なわけです。

しかしながら、NTTはもとから電話を敷設する際に、一度支払っていれば、負担する必要が無いという権利であると表明し、一切の返還に応じようとはしませんでした。
続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2004年08月21日

デジタルコンテンツの行方

アテネオリンピックの開催に伴い、DVD/HDDレコーダーが売れているそうです。

ですが、購入者のほとんどの方は、コピーワンスの制限を知らずに買っていくそうです。

最近の高級機では、コンテンツムーブに対応したものが増えているそうですが、基本的にはコピーワンスによって、録画内容を別媒体へコピーはおろか、移動すらできないというていたらくです。

しかも、ひどい機種になると、その記録した本体以外での再生が不可能になっているものまであるそうです。

正直言って、ここまで消費者(ユーザー)をないがしろにする業界というのは珍しいですな。

地上波デジタル放送が始まったことにより、鮮明な映像を受信でき、尚且つ相方向による新しいコンテンツの提供が可能になったのですが、劣化しない映像を保存されてしまうと、放送内容を別媒体として販売する際に支障となるという観点から、デジタル放送に関しては制限を儲けることになった経緯があります。

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2004年05月31日

自己責任とリスク

またもや悲劇が起きてしまいました。

戦場ジャーナリストの橋田さん、小川さんが武装グループに襲撃され、その尊い命を犠牲にされました。

橋田さんはかねてより、戦場での命がけの取材を何度も経験し、その都度生還されてきました。

小川さんはその橋田さんの後継者として、この度の取材にも同行されていた所での悲劇でした。

あちきが凄いと思ったのは、橋田夫人の気丈な振舞です。

続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2004年04月24日

お客様の自己都合

により、契約を破棄する場合、以下の通りキャンセル料を申し受けます。

これはとあるネットショップの注意書の文面ですが、かなり一方的な契約内容であることがわかります。
実はこれ、商法違反です。
所謂所の、不平等契約ですね。

さて、今回取り上げるのは先日話題になりました、eMACを2787円で販売してしまった事件。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040422-00000414-yom-soci
http://www.asahi.com/national/update/0423/016.html

丸紅の事件はまだ記憶に新しいかとは思いますが、ネットショップでのこうした価格表示に伴う事件は結構多発しています。
大概の場合、価格の誤表記であることから、契約不成立となるわけですが、ちょっと待ってください、気になることがあります。

それは冒頭の一文
続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2004年04月16日

自己責任

パソコンの自作でも、改造でもそうですが、自分が勝手に行動した責任は、自分で取るのがあたりまえで、状況がどうであれ、注意警告を無視した結果生じた被害は、誰の責任でもなく、自分にあるということをあらためて気がついて欲しいものです。

道路工事の立入禁止の看板を無視して、中に入り込んで、怪我をしたら、誰が悪いですか?

まさか、工事をしてるのが悪いなんて言い出す人はいないとは思いますが・・・
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2003年08月20日

徒然なる趣のままに その2

デジタル万引に関しての戯れ言

基本的に雑誌の類は旬の情報を売り物として扱っている以上、その情報を正当な手段以外(この場合は盗撮)で手に入れ、利益を上げていることは、個人利用の範疇を越えている。
個人利用の範疇は曖昧だが、購入した雑誌の内容を個人で扱う分には問題は無いと考えるが、それらを他誌に発表したり、ネット上に後悔すると言った行為は、認められるものではない。

そもそも、れっきとした犯罪行為であるにもかかわらず、「万引き」という曖昧な表現で済ましていることが問題であり、「デジタル万引き」ではなく、「盗撮行為」と呼称する位の姿勢が必要ではと考える。

続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2003年08月18日

徒然なる趣のままに その1

世間では家庭内にIT化が進んでいますが、一方でその弊害も生れつつあります。

特に、最近話題になるのが、パソコンのウィルス問題。

MSBLASTなるワームウィルスが爆発的な繁殖をし、初心者ユーザーを狙い撃ち、インターネット全体に関る問題をひき起こそうとしてます。

ちょっと前までは、klezウィルスが注目の的でしたが、ウィルスの進歩は早く、今だ駆逐されぬままですが、新種が登場すると言う、誠によろしくない状況が繰返されています。

にもかかわらず、人々の関心は、インターネットを使えるか、使えないか、速度が早いか、遅いか、メールができるか、できないかといった、些細なところに終始し、本当の意味でのインターネットには程遠い状況です。

スタンドアローンでは無いことが、どれ程重要で、素晴らしいことなのか、最初から恵まれた環境を当てられた人々にはわからないので、無理もないのですが。

続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2001年02月17日

腑に落ちない3

ちょっと閑話休題2

あちきの場合、使うソフトは決まっているので、プリインストールされている無駄なソフトの代金を返金してもらいたい(笑)

最近のPCは付加価値を高めることで価格を維持しているようなので、メーカー側はソフトのプリインストールが無いと困るらしいのですが・・・

Office2000Professional を買ったあちきには、Office2000Personal はいらないのです。
電車を殆ど利用しないあちきに、駅スパートはいらないのです。
WXGを使っているあちきに、IME2000はいらないのです。
ネットスケープを使っているあちきにインターネットエクスプローラーはいらないのです。
posted by G's at 02:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

腑に落ちない2

ちょっと閑話休題

考えついた例として、パソコンのセット販売の場合、

パソコン本体10万円、プリンター3万円
セットで買うと11万円といった場合、プリンターはいらないけど、セットの方が安いからといってセットで購入。
その後、やっぱりいらないからプリンターを返金してくれと請求する。

目的はセット販売をやめさせたいから。と世間に公表。

ちょっと極論かもしれないけど、イメージとしてはこう感じてしまった。

posted by G's at 01:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

腑に落ちない

使わないWindowsの返金運動なる物があるようです。

http://japan.cnet.com/News/1999/Item/990122-1.html

で、なにが腑に落ちないのかというと、どんな品物でも買う時には内容を確認して買うわけですよね?

それなのに、自分が使わない物が同梱されているからといって、商品の一部を切り売りするかの如く、返金を求めるというのはいかがな物でしょう?

確かに使用許諾書には同意できない場合、使用を認めず、返金に応じる旨が記載されていますが、はなから返金を求める姿勢で望むのはどうかと思いますが。

続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

icon icon
htmy300.jpgicon