2006年03月04日

妥当な処分は

永田議員が全てがでっち上げであった事を認め、一応の決着がついたわけですが、最終的な局面はこれからです

やはり除名処分は重過ぎるという慎重論から、懲罰動議における二番目に思い処分となる登院停止が最有力のようですが、それでも最長30日までであり、議会内でコップの水をぶちまけた松浪氏が25日間の登院停止であったことを考えれば、でっち上げの証拠で一般市民を犯罪者呼ばわりして党を挙げて糾弾した処分が30日の登院停止では流石におかしいでしょ
そういえば、松浪氏が切れた原因に永田議員が飛ばしたやじだったという説もありますね

懲罰動議の処分の区分けが大雑把過ぎきるため、今回は満期の30日の登院停止で終了でしょうか
永田議員は懲罰完遂後の、31日目に辞職してもらいたいものです

地元兵庫県議会では、永田議員の辞職を申し入れたそうです
まぁ、地元の顔が起こした騒動ですから、居残られてはイメージ悪いですよね

 続きを読む
posted by G's at 14:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年03月03日

幕引き

結局民主党が自民党の公開質問状に対する意のままの回答で決着がついたようです

あとは永田議員の進退のみですが、やはり先に書いた通り、除名は自民党も都合が悪い事があるので、当院停止処分でお茶を濁すんでしょうか

民主党からの回答があったことは速報で伝えられたのですが、その肝腎の文章がどこにも出ていないのは何故なんでしょう
自民党サイトも、民主党サイトにもありませんでした(13:35現在)

読売も朝日も記事にするなら本文を載せて欲しいです
もっとも、毎日は記事にすらなっていませんが

 
続きを読む
posted by G's at 14:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年03月02日

負けの美学

結局謝罪をやり直すと言う恥ずかしい事になっていますが、まだまだ付属してます

判ってないんですな、結局のところ

自民党からは再度公開質問状が出されました
これがすべてを物語っています

国会会議場で武部幹事長に直接謝罪をするシーンが流れましたが、なんかわざとらしく感じてしまうのは今さらだからでしょうか

武部幹事長はまだ納得されていませんが、当然でしょ

懲罰動議も発動することが決定したことですし、いい加減、自分で進退を決めてはいかがかと

そうそう、懲罰動議ですが、除名もあるそうです
(1)公開議場における戒告
(2)公開議場における陳謝
(3)一定期間の登院停止(最大30日)
(4)議員の身分を失う「 除名」

なんか、甘々ですね

 続きを読む
posted by G's at 23:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

責任を取るということ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20060302/20060302-00000013-fnn-soci.html
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060302it03.htm


永田議員がふざけた言い訳会見をしたので民主党内でも揉めたようですが、党首が似たような姿勢ですから鳩山議員もいい迷惑ですね
中には自分のPCをハッキングして原稿を消した闇の組織がバックにいるなんて電波発言しちゃう党員もいたりと、民主党、駄目駄目ですね

最終的にはメールの件は全てでっちあげ、事前調査不足で武部幹事長、並びにそのご子息に謝罪すると言うことでまとまったようです。
それでも、公式会見の場ではなくて、直接謝りたいと言っているらしいですが、まずは公式会見の場で謝るのが先ではないですか
裏でこっそり謝ろうとするのはちょっと卑怯
まぁ、それが民主党クオリティでしょうか

民主党も公式会見をあらためて開くか、国会で謝罪すべきですよ

懲罰動議で議員資格剥奪まではできないようなので追加修正除名処分で議員資格剥奪となる、全面謝罪するならば、辞職すべきですな
自分の発言に命をかけているんでしょ、責任の取れる大人な社会を目指しているんでしょ
これで懲罰動議6回の実に不名誉な記録更新ですな
そもそも懲罰動議を5回も受けている時点で、議員としての品格が損なわれているのですから、3回目くらいには議員を辞めるべきですな

前原党首も党の名誉をここまで傷つけられて、どうしてかばうんでしょうね
 


続きを読む
posted by G's at 17:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月28日

党員資格停止処分

甘い、甘過ぎる

自らの不手際で一般市民を公然と侮辱し、旗色が悪くなると見るや雲隠れし、責任追求を逃れていた議員の処分が党員資格停止のみとは・・・民主党は民の字を使うのを止めるべき
なにが民主なのか、今一度教えてもらいたいものだ

国会という公然の場であきらかにガセネタ、あるいは真偽が判別付き難い情報のみで他人を糾弾し、更に関係者として一般人をさらし者にした罪が、党員資格停止、しかも半年という期限付き

もはや民主党にはまともな思考能力者は居ないものと見なすのが妥当かと

党自体のメンツよりも、今の体制を維持する事の方が重要らしい

身内に甘い民主党のレッテルは、現体制が続く限り、いや、例え次世代になろうとも残り続けるだろう

国会議員という立場を利用して、真偽不明な情報を元にした糾弾は民主党の正当な手段として語り継がれるのだろう

なにせ国会議員は国会内での発言に関して、一切の責を負わないのだから

まさに言いたい放題である

ネット上に溢れているまことしやかな噂から、適当にでっち上げた噂を元にして、他党を責めても、一切糾弾されないのであれば、それこそやりたい放題が可能だ
火の気がない所に火種を作るのが民主党のやり方か

自己浄化能力も持ち合わせていないのには呆れるばかりである
これではどこぞの連中と変わらない

前原議員には是非ともあると言っていた、証拠となる口座名義人と口座番号を明らかにしてもらいたいものだ
永田議員の疑惑から数日経っての党首討論での発言だ、まさか真偽も調べずに証拠があると言い切るはずもない
もし、疑惑の情報であると認識しつつ党首討論であのような発言をしたのであれば、偽証にはならないのだろうか

つくづく永田町には魔物が住んでいることを認識させられる


似たような手法を用いて他人を貶めている人は喜び勇んだろう
何せ国会で使われている手段なのだから(苦笑)

  続きを読む
posted by G's at 16:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

糾弾

間違った情報で他人を公式の場で糾弾しておきながら、それがばれると心労を理由に雲隠れ

ホテルの一室で2000円以上のクラブサンドを頬張りながらほとぼりが冷めるのを待つつもりが、所属している党首までうそにうそを塗り重ねて別の党首を糾弾する

こんな馬鹿なことがまかり通っていいはずもなく、該当議員は辞職、党首は辞任するのが筋の通った謝罪じゃないんでしょうか

真実はわかりませんが、疑わしきは罰せずが法治国家です
誤った情報に躍らされたと釈明するのは自由ですが、躍らされて他人を糾弾した責任はとるべきでしょう

被害者側の家族の言葉ですが、「議員は体調不良で雲隠れできるが、名前をさらされた一般自社会人は逃げる事も隠れることもできない」

当にその通り

一般人を巻き込んだ今回の騒動は、当事者は辞職、管理不行届並びに、同様の罪で党首は潔く辞任すべきじゃないですか
特に当事者は札つきの素行不良が目立つ人ですので、このさい禊も兼ねて、辞職すべきかと
そうでなければ国会議員の権力による横暴がまかり通る事になりかねません

党首は先の党首討論おいても、メールの真偽を問う自民党に対し、自分達の持ち駒が無くなるから先に国政調査権の発動に応じるならば、口座名、口座番号も含めて提示すると逃げ切るように吐き捨てた事をどうするのだろうか

これは相手が国政調査権の発動には応じないであろう予測から、頑に情報の提示を避けるために要求を貫き通した故意犯ではないだろうか

 続きを読む
posted by G's at 12:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月27日

文章で伝えると言う事

朝日新聞が面白いTVCMを放送していますがご覧になられたかたの中には、「おや?」と思われたかたも多いのでは
あちきもその一人です


言葉は、
感情的で、
残酷で、
ときに無力だ。
それでも私たちは信じている、
言葉のチカラを。
ジャーナリスト宣言
新聞

朝日新聞 該当部分


えーと、自分達がこれまでにやってきたことわかっていますか
感情的で、残酷に誹謗中傷を繰り返し偏向報道を行い、他から非難を浴びるとそんなものは無力だと無視する
まさに今の自社の姿勢を現しているのですが、あまりにも綺麗にまとめすぎです

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月16日

電気用品安全法に関して(提案)大幅加筆修正

電気用品安全法で解釈に間違いがあったようなので訂正

赤旗 

どうもこの法律に中古品が含まれたのは昨年の11月に一部の官僚の解釈で公議になった模様
それまでは本法では中古品については言及されておらず、業界も問題視していなかった


ところが、突如中古品も本法の範疇に含まれる事が見解として公式回答されたため、この騒ぎになったとのこと

情報元はあくまでも業者への取材の形で書かれているので、本当に公式見解が出されたのが昨年11月なのか真偽は不明だが、確かに本法内には中古品について言明されていない

となると、これは由々しき問題となる

猶予期間終了直前に対象物に入れられてしまったとしたら、業者が対応できるはずもなく、これは明記されていないことに関して拡大解釈による被害と見なせるだろう

よって、業者の怠慢としたあちきの意見を白紙撤回させていただきます

少なくとも、法に則るのであれば、書いていない事を拡大解釈するのは裁判所だけにしてもらいたいものだ
弁護士や一部の官僚の胸先三寸で都合の良いように解釈されてしまっては困る

確かに安全管理の面で言えば中古品も含まれてしかるべきなのだが、本法では製品の製造と販売を対象とした法律であって、中古品は製造ではないのだから含めるのであれば別途記載すべき事柄だったはず

経済産業省はこの件に関して公式に発表していないのだろうか
だとすると、法律を厳密に解釈するならば、中古品の販売に関しては本法が及ばない事になるのだが
Q&Aでは中古品も対象と回答しているが、あくまでも経済産業省の法解釈になる


4月以降、誰かが裁判で争ってみなければ、法解釈を巡っての議論は尽きないだろう

------------------------------------------

電気用品安全法の猶予期間が終了することで、中古販売の業界を始めとして、中古市場では混乱が続いている。

中古市場を切迫するするのは当然なのだが、経営者側が知らなかったと責任を転嫁する発言をするのは頂けない
自分が組している業界に関する法律を知らなかったで済ますのは、PL法を施行したときに酷似したものを感じる

個人経営ショップなど個人業者に死ねと言っているのかと電気用品安全法事態を非難する意見でも出ているが、それを防ぐために猶予期間が設けられていたことを失念しているのではないだろうか
自分が猶予期間の5年間を無駄に過ごしてきたことを棚に上げ、行政を一方的に非難するのはどうかと思う
確かに告知の周知が徹底していなかったことは否めないが、属する業界の動向にも目を向けずにいた自分達の問題点を反省することはするべきだろう


続きを読む
posted by G's at 09:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月10日

真意は何処に?(人苦不知足、既平隴復望蜀)

仮入園先を決定 東大和市 たん吸引必要な女児 あす初登園 YOMIURIOLILE

女児の入園先も決まり、両親の希望通りとは行かないまでも、一般の保育園への通園が始まる。

兄妹とは異なる保育園への入園ではあるが、両親の希望が通った形となったわけだが、市側の配慮なくしては実現しえなかった事実を両親を始めとして支援者達はどう受け止めるのだろうか。
やってもらって当然と思うのか、それともこの特別な配慮に感謝するのか。
忘れてはいけない、看護師の増員(確保できるまでは市の心身障害児通園施設から職員1〜2人が派遣される)を行なってまで認めてくれた市側の配慮を。

マスコミというフィルターを通しての発言なので、真意かどうかは不明だが、父親のコメントは残念でならない。

「早急に準備をしてくれた市や支援をしてくれた人に感謝したい。市には、(鈴花ちゃんの)兄が通っている保育園への入園をかなえてもらえるよう、今後もお願いを続けたい」


 続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月08日

真意は何処に?(反応)

批判を批判で返したので、スルーするか対応するか楽しみだったわけですが、手法は同じくスルーするように見せかけた批判ですか(苦笑)

 

続きを読む
posted by G's at 18:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月07日

真意は何処に?(判決後)インクルーシブな教育

インクルーシブ(inclusive)な教育とはどういう事でしょうか。

簡単に言うと、平等な教育環境ということになるのでしょうか。
健常者と障がい者とを別け隔てなく、平等に教育を受けられるようにすべきという実に誇り高き宣言です。

しかし、本当の意味でのインクルーシブな教育とはどういう事でしょうか。

 
続きを読む
posted by G's at 16:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

真意は何処に?(判決後)その2

さて、心ない人というレッテルを貼ってくれたblogでは企業のリスクコントロールについても述べられていたので、そこについても話してみましょう。

 続きを読む
posted by G's at 12:18 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

真意は何処に?(判決後)

たん吸引必要女児、保育園入園求め両親が提訴 yomiuri Online

これの判決がでました。

たん吸引必要な女児の保育園入園、東大和市に義務づけ yomiuri Online
googleキャッシュより
 


正直、現場を鑑みない判決に飽きれてしまい、コメントを差し控えていたのですが、とあるblogから、真意を読み取らず批判をしているとリンクのみで指摘されたので、コメントします。

 続きを読む
posted by G's at 12:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月04日

他人の褌で相撲をとる(キヤノン詰め替えインク裁判)

先の判決の全文が見つかりましたので、リンクしておきます。

http://www.ip.courts.go.jp/documents/pdf/g_panel/10021.pdf


今回の件を勘違いしいてる人もいるようですが、今回問題視されたのは、詰め替えインクそのものではなく、キヤノンが製造販売したインクカートリッジを無断で使用したことに関する事件です。

リサイクル業者が廃棄されたキヤノン製のインクカートリッジをリサイクルする行為に関して、詰め替えの行為そのものではなく、キヤノンが保持しているインクカートリッジをそのまま再利用していることが争点です。
インクの詰め替えに関しては一切触れられておりません。続きを読む
posted by G's at 23:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年02月02日

NHKまたもご乱心?それとも故意犯?

NHKの頭の悪い発言で注目を集めている会長がまたもやご乱心かとおも思える発言をした。

「信念を持って受信料契約をしない人が推計で約50万。その人には民事訴訟を考えていかざるを得ない」


はぁーーーーーー?

信念を持って、受信を拒否してる相手に、無理矢理契約をさせようというのですか?

この人は、押売りから物を買わないと訴えられると明言してることを判っているんでしょうか?

電波の押売りは必要ありません。

 続きを読む
posted by G's at 23:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | ディベート| 管理者専用

2006年02月01日

詰め替えインクカートリッジ問題(キヤノン)

先のキヤノンのインクカートリッジに関する特許権侵害訴訟ですが、判決の内容が明らかになりました。


被告の行ったリサイクルカートリッジの販売は、原告のインクカートリッジの発明を利用していることは間違いなく、原告の特許権を侵害するものである。
今回の判決では特許権の消尽が争点となり、的財産高等裁判所長の篠原勝美氏はBBS事件の判例にならい、第三者による特許製品中の特許発明の一部の交換は生産にあたらない、特許権の消尽はないという認識を示した。
これにより、インクを詰め替え再度販売する行為は生産には当たらず、原告の訴え通り被告による特許権侵害を認めた。

うーん、判決文がまだ手に入らないので、各所からの話の総合ですが、解かり難いですね。

要は、他社の製品の一部を入れ換えただけでは新たなる製品としては認められないので、元になった製品の特許は有効だから、インクを詰め替えて販売する行為は特許権の侵害になるということ。

簡単にしてみると至極真っ当な判決です。続きを読む
posted by G's at 20:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年01月31日

インクカートリッジビジネスモデルを支えるもの

インクカートリッジ訴訟、キヤノンが逆転勝訴 知財高裁 asahi.com

キヤノンの特許権侵害の訴えが一応受け入れられました。

これで、インクジェットプリンタなどのインクを詰め替えを行いリサイクルして売る事が難しくなってきます。

詰め替え用のインクやトナーを販売する事までは規制されないでしょうが、詰め替えたカートリッジの販売に関しては、特許権侵害とのお墨付きを与えたことになる、実に異議のある判決です。

本体を投げ売りして、消耗品のインクカートリッジで儲けるというビジネスモデルは今後も健在で、消費者にはあまりありがたくない判決かと。
もっとも、今回は特許権の侵害という争点でしたので、消耗品ビジネスに関しては今後も詰め替えvs純正品の争いは続くでしょう。

続きを読む
posted by G's at 15:52 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | ディベート| 管理者専用

2006年01月25日

自己責任が取れる大人

株式市場では今だライブドアショックが続いていますが、今朝の某局のワイドショーで幼稚園児並みのコメントを恥ずかしげもなく公共の電波に乗せている人物がいました。

『国は今回の株価への影響の責任をとって、投資家への援助を行うべきだ』

はぁーーーーーー?

このコメンテーター、頭が沸いてるんでしょうか?
こんなのが経済ジャーナリストとか称しているんですから、この国の未来は暗いかも。

 続きを読む
posted by G's at 10:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ディベート| 管理者専用

2005年12月15日

NHKの狂気、橋本会長ご乱心?不払い者に督促状!

NHKが受信料不払い対策として、来年度から簡裁通じ督促を行うことを発表した。

面倒なので、詳細はググッた中からどうぞ



まったく呆れて物が言えない。

自分達の不誠実は棚に上げたまま、支払わない奴が悪いと振り込め詐欺よろしく、一般市民に訴訟を起こすと明言したのだから何と言うべきであろうか。

されど、この馬鹿げた発言をした猛者、橋本元一会長(今のところ)は一つの大いなる事実を忘れてはいないだろうか。
受信料を支払うと言うことは、商法に照らし合わせた場合、契約を行って初めて生じる行為なのだ。
では、NHKは全世帯の一般市民と正規に契約を結んだのだろうか?
続きを読む
posted by G's at 19:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2005年12月10日

患者は現場にいるのであって、会議室にはいない

来るべきに備えて国が総力を上げてインフルエンザ包囲網を構築しつつありますが、ちょっと待って下さい、今からタミフルの備蓄を開始するのは結構ですが、現場への供給が滞るまでの過剰なやり方には疑問を覚えます。

既にちまたではインフルエンザに罹患しておられる方が現れはじめています。

にもかかわらず、中小の病院にはインフルエンザ特効薬であるタミフルが供給されません。

それはなぜか

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

icon icon
htmy300.jpgicon