2006年10月04日

無料ATM逆風問題

無料ATMを推奨してる東京スター銀行に大手銀行が圧力を掛けたという記事が乱舞していますが、一面のみから伝えられる事実は、事実のようで、本質を語っていない事が多々あります

最近の「無料ATM報道に逆風」という報道
ononononoの日記

三菱東京UFJ銀行の東京スター銀行への仕打ちは正しいのか?

あむぁいおかし製作所

あちきの言いたいことは上記のblogで全部語られているかと思います

多くの新聞は大手銀行が弱小銀行に嫌がらせをしたかのように書いていますが、利用されればされるほど赤字になるATMを放置しておくいわれなどないわけです

続きを読む
posted by G's at 12:00 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年09月27日

トラックバックに関して

気になるエントリーを見つけたのでコメント

トラックバックに相手の承諾が必要?

事の発端は質問者による相手blogへのトラックバック
トラックバックを受けた側は、トラックバックの許可を取るべきだと主張
質問者は、トラックバックに許可が必要だという話はおかしいと主張

互いの見識の甘さが生み出した軋轢か?

あちき的にはトラックバックに許可なんて物は不要だと考えています
但し、トラックバックの内容が、相手の記事に対して関連性が有る場合に限りますが
勿論、自分のblog紹介のためだけのトラックバックはマナー違反
トラックバックスパムと同様です

また、例え内容に関連性があったとしても、受け手は発信元の記事に対する姿勢を加味して取捨選択する権利が有ります

例えば、少し前に話題になった国旗国歌問題では、賛成派と反対派に別れます
賛成派のblog記事に反対派からのトラックバックがあった場合、関連性からすれば合致しますが、姿勢は相反する物です
反意を汲み取って許可するのも、反対意見だからと黙殺するのも受け手の権利です

 続きを読む
posted by G's at 10:00 | 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年09月22日

国旗と国歌に敬意を払わず

また地裁でとんでも判決が出ました

まぁ、高裁や最高裁で覆るのは目に見えているのですが、気を抜くと所謂左巻きの人達が・・・

国旗と国歌に敬意を払わない国民って、世界中でも珍しい部類です

とんでも判決では「宗教的、政治的にみて中立的価値のものとは認められない」との判断により、都教育委員会の指導は間違いとの認識ですが、既にその根底が間違ってませんか

宗教的、政治的ににみて、国旗と国歌が中立的でない根拠は?


そんなに国旗と国歌が嫌いなら、日本から出ていけばいいのに
どうして文句を言いながら住み続けるんですか?

教師が生徒に与える影響力を計り損ねているという意見にあちきも同意見です
教師が国旗、国歌に敬意を払わない姿を見て、生徒がどう思うのか
それを思想の自由だと認めるのか

一歩歩み寄って国歌はともかく、国旗に敬意を払う事ができませんか?
あなたの住んでいる国の証なのですよ

自分は日の丸を国旗として認めないというのであれば、お好きな国旗の国へ行かれてはいかがですか?
お隣の赤い国旗の国なら、きっと喜んで迎えて貰えますよ(苦笑)

 
posted by G's at 12:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年09月14日

冷たい意見

障害児の水飲み手伝って!
両親、普通学級での介助要望 中日新聞


またもやこの手の問題が表面化しました
あちきは以前の気切女児の件の際も同じ意見でしたが、何故児童の命を天秤にかけてまで一般の学級に拘るのか理解できません

誤嚥した場合の可能性を考えて成田市教委では教員等による介助を認めていないわけで、これは冷たいとか、差別だとかという意見ではなく、児童の命を教員(無資格者)が預かることができないからだという理由に起因している事を理解して貰いたいものだ

誤嚥くらいならと楽観視している意見も有る様だが、健常人ならともかく、脳性麻痺の児童が誤嚥した場合のリスクを考えれば、とても医療技術者のいないところでの介助は家族以外にはさせるべきではない

例え話で申し訳ないが、万が一教員が介助した際に誤嚥し、それが元で肺炎等の重篤な状況になった場合、親はその教員を、学校を訴えないか?
例え気をつけて介助していたとしても、誤嚥の可能性は0ではない
これは訴えられる事が恐いのではないので勘違いしないように
避けられたはずの事変が起きてしまった事が問題なのだ

慣れていない介助者による誤嚥→肺炎等の事態に陥った時、一番の被害者は誰なのか、今一度考えて貰いたい

こういう事を書くと、介助する教員が介助の勉強をすべきだとか、養護員にやらせればよいとかいう、実に身勝手な意見が出てくるのだが、それならば、保護者が責任をもって介助すべきではないのか?

「共働きだから無理です」とかいうつまらない回答が出てくるのは想像に難くないわけで、もう、こういった話の堂々巡りはいい加減に止めるべきなのだと思う

厚生労働省でも教育長でもどこでもある程度の権限をもっている箇所が、家族以外の無資格者の医療行為を一切禁じて貰いたい
そうすれば命と見栄を天秤にかける保護者も大概減るだろう

また、基準となる指標がない事が今日の混乱を招いているのは明白なのだから、障がい内容に併せた基準を設け、適切と思われる進学を提示するべきではないだろうか?

気切し、一定間隔での吸引処置が必要な児童を普通学級に入れる事の危険性と受け入れ側、施設や設備の問題などを加味して養護施設への進学を薦める等の事は既にやってきたのだが、保護者の強い反対で、施設も設備も対応する人員も居ない学校への進学を選択されてしまうような事があっては、正直有事の際の対応など満足にできるはずもない

冷たい物言いになるが、命より大切な物などそうざらには存在しない
親の見栄と私欲で児童の命を危険に晒してはならない
だからこそ、普通学級への進学を認めないという判断を国レベルで行なうべき時代になっているのではないだろうか

市町村レベルでは人権問題にすりかえた裁判まで起こされ、おもしろ判決が出てしまう有り様なのでは、児童の命は守れない

そもそも、親の意見のより所には他の市町村での特異的で希有な例を取りあげ、隣の市ではやっていることが何故当該市ではできないのかという論点にすりかわり、施設、設備、人員が不十分である事は加味されず、おもしろ判決が出てしまった

ならば、国レベルで一定の基準を設け、市町村、都道府県レベルでの一元化を目指すべきだ

余談だが、この裁判は全く状況の異なる特異的な事例を持ち出してきただけ、これに対して実際に起きた事変を取り上げて徹底的に争うこともできたはずなのだ
にも関らずそれをしなかったのは、裁判が長引けば児童の為にならないという崇高な判断がなされたからであって、わがままな保護者の意見がまかり通ったわけではない
にもかかわらず、この保護者はさらなる要求を突きつけている
なんともはや、呆れるばかりだ

国レベルでの基準の発足を切に願うばかりだ

これでできあがった基準が曖昧で結局市町村レベルに責任を押しつけるような物だったら、もう、好きにすればいい
少なくともあちきはそのような状況に置かれた場合、子供の意見も自分の見栄も全てかなぐり捨ててでも、命が脅かされないような選択をするだけだ

今一度考えて貰いたい
その選択は、子供の命を天秤にかけてまでするべき選択なのかを
一番大事な事は普通学級に通う事ではなく、子供が自立できるまで安全を確保する事ではないのか

 
気切女児の問題に関するあちきの意見はこちら
posted by G's at 14:00 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年09月05日

新聞

「批判があれば記事を書いてほしい」オーマイニュース鳥越編集長

穿った見方をしなくとも、鳥越編集長ならびにオーマイニュースの編集者が左巻きの傾向にあることは某記事の掲載実験により図らずも証明されてしまったわけで、創刊以前より懸念されていた通りになっているようです

本人は呑気に構えていますが、一番の問題は編集長である鳥越氏のインターネット、ならびにブログ、掲示板などへの理解の低さが証明されてしまっていることではないでしょうか

記事の真偽は捨て置いて、匿名だから駄目なんだという姿勢を崩すことなく、開放された市民記者による新聞だと嘯いても、誰も信じやしません

 続きを読む
posted by G's at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年06月22日

政治家は何処を見ているのか?

NHK受信料支払い、08年度から義務化・政府与党 NIKKEI NET

呆れます

不払いの問題をどうこう言う前に、未だに治まらないNHK職員による横領等の問題をなんとかすべきなのでは?

それと、自国を嘲る内容を含んだ他国の番組を高い金銭を支払ってまで放送する意味と、明らかに矛盾している報道内容、並びに偏向報道への姿勢など、襟を正すべき問題を放置し続けている事に関しては?

また、公共放送だからスクランブル放送はしないと明言もありましたが、ならば、不必要なバラエティ、ドラマが大きく幅をとり、本来必要な公共放送のニュースは内容が偏向して報道する、災害時の報道は民法よりも遅れて報道、どこに必要性が有るのか

まずは己のしでかした失態を全て解決してから、発言をして貰いたい物です

 



続きを読む
posted by G's at 16:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年06月15日

子供の躾

ウィニー利用者を特定、海賊ファイルの検索ソフト開発 読売新聞

NHKでニュースになっていたやつですね

その時も述べましたが、違法行為を取り締まるのに違法行為で望むのは合法では無いわけで・・・

そもそも、こんなソフト、数年前に発表されてますよね?
なぜ今さら取り上げられているのか不思議です

まぁ、官公庁が情報漏洩を頻発するので、ライトユーザーへの脅しも兼ねて今さらながらの感も仕方無しにやっているとしてか思えません

この記事を書いた記者がどこまでwinnyやネットワークの仕組みを理解しているのか不明ですが、恐らく勘違いをしているか、敢えて畏怖の念を起こさせるために書いているのでしょう

続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年06月06日

視点の違い(放棄)訂正

コメントからトラックバックは拒否していないとの事、ご自身の間違いを訂正されるとの事なので、この記事を削除すべきと判断しましたが、あちきの反省の意味を込めて削除せずに残しておきます

穿ち過ぎの暴言を謝罪します



どうやら痛いところを突いてしまったようで、トラックバックを拒否されてしまいました

まぁ、そりゃそうですな

自己理論で武装してるはずなのに、その武装をいとも簡単に擦り抜けて本体に打撃を与えてくるのですから

おかげさまであちきのblogも大変な賑わいようです

もう少し骨のある人物かと思っていたのですが、残念です

彼に言わせると、相手にするだけ無駄だからといいたいんでしょうけど(苦笑)
賢い手段の一つであることは間違い有りません、卑怯ですが


うーん、パソコン暦20年はコミュニケーションには役に立ってませんな


不適切な文章であると認識しましたので一部削除しました
お詫びいたします



 続きを読む
posted by G's at 11:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | ディベート| 管理者専用

視点の違い(返答)

さて、設問者への意見が伝わり、あちきの長ったらしく書き捨てた長文を読んで頂いた上で回答が得られたので、気になった箇所に関しては返答しておくのが筋だと思う

 続きを読む(長文注意)
posted by G's at 10:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(5) | ディベート| 管理者専用

2006年06月05日

視点の違い(設問者来訪)

設問者設問者ご本人のBlogからトラックバックを頂いたのでこちらからもおくってみました

続きを読む(長文注意)
posted by G's at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(4) | ディベート| 管理者専用

視点の違い

やじうまWatch で記事になっていたので軽い気持ちで見に行ったら呆れ果てました

あなたの身近にいるパソコンにとても詳しい人について、その人のイヤなところ、やめて欲しいこと、改善して欲しいこと、ダメな点などをお聞かせください。


しばらくすると消されてしまう可能性もあるので、要保存か(苦笑)

結局、教えて貰う側にその意識がないので、知識のある側を有効に使えればそれでいいという勘違いというか、図々しい思考がすべてかと

全コメントを読むのは疲れますが、教えて貰う側が何を思っているのか、知っておいても損はないと思います

中には共感するコメントもありましたが大半は単なる非難で終わっているのがこの問題の縮図を表しているようで滑稽です

 続きを読む
posted by G's at 18:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | ディベート| 管理者専用

2006年06月01日

WC狂想曲アゲイン

開催まで後僅かとなったワールドカップドイツ大会ですが、フランス大会のときと似たような事件が起きてます

既に旅行の予定も組まれいてる観戦ツアーが全面中止となったのです
理由は観戦チケットの入手不可能のため

チケット問題と書いてしまうとチケットが手配できなかっただけかと思われがちですが、実態は深刻です

渦中の旅行会社はサポーターの間ではかなり好評を得ていた業者だそうで、日本が参加していなかったイタリア大会の頃から観戦ツアーを組んだりと、ワールドカップに関しては老舗の様子

ところが今回はチケットの入手に関して大ポカをやらかしました

なんでもチケットの入手を自分らで行わず、中国の国営の会社に委託したというもの

既にチケット代金8千万円を納付済みということで、この業者、ツアーを申し込んだ客に返金する目処も無い様子・・・

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年05月19日

JASRACは無用の長物

利権を死守する事だけに躍起になっているJASRACですが、遂に恐れていた事態になりました

なんとPCにも課金を行なうと公言したのです

パソコンも私的録音補償金の対象に
 日経bp

もう、ここまで必死な姿を見てしまうと、哀れとしか言い用がありません

彼らの言い分では、PCで音楽を聴くだろう、だから課金なんだそうです

CDなどの売上不振により自分達の取り分が明らかに目減りしたのが気に食わないのか、その原因と彼らが勝手に思っているPCに課金を行なうという暴挙というか、愚作というか、呆れて物が言えない行動を起こしました

CDの売上不振は売れないCDを販売しているからであって、PCの普及が原因ではないことは既に明白です

彼らはwinMX、winnyなどのP2Pソフトが原因で売り上げが落ちたと思っている、いえ、そう思いたいのでしょうが、実際には売れないCDの大量生産が原因である事に気が付いていません・・・なんて、実は気が付いていても、知らない振りをせざるをえないから、そうしているに過ぎません

以前にも書きましたが、CDのカジュアルコピーがなくなったとしても、CD全体の売り上げは大きな伸びを見せる事はありません

何故ならば、一般的に売られているCDの価格が高過ぎるため、売れないからです
そもそも、価格が多少高くとも、買う人は買う、買わない人は買わないという極めて極当たり前の理屈が判っていない振りをしてるJASRACに存在意義はありません

むしろ、JASRACによる利権支配が続けば、今後今回以上の馬鹿げた大風呂敷を広げるだけでしょう

まさにNHKと同じく、恩恵を受けないユーザーにまで無差別に課金すると公言してはばからない、厚顔無恥な行動は瓜二つです

 続きを読む
posted by G's at 19:00 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年05月11日

産みの苦しみ

オンライン手続き、利用伸び悩み…1%以下も 読売新聞

e―Taxの利用率が伸び悩んでいるとのことですが、あちきのように利用しようと思っても、利用するまでに掛かる準備が繁雑でとても安易に利用を開始できるとは思えません

住基カード、カードリーダー、パソコン、ネットワーク環境と0から始める人には敷居が高いのは間違いないでしょう

かく言うあちきも住基カードとカードリーダーを用意すれば良いだけなのですが、e―Taxを利用する意味と言うが旨味がほとんどないことを思うと、わざわざ自腹でカードリーダーを買ってまで用意する気にはなれません

確定申告の自動作成機能に関しては便利に使わせてもらいましたが、もし仮にe―Taxを利用したとしても、別途医療費控除のために医療費の領収書を提出しなければならず、かつ、e―Taxを利用したことによる利益は提出に行く手間が省ける程度です

 続きを読む
posted by G's at 10:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年05月08日

中古PCバンドルソフトのライセンスは有効なのか

中古PCバンドルソフトのライセンスは有効なのか PC Watch

メーカーパソコンによくあるバンドルソフトのライセンスに関するアンケートの結果だそうで、昨今進んでいる中古PC市場を睨んでの事だとは思うのですが、中々興味深い結果が

ベースの180社は意外と多いかなと思います

バンドルソフトの譲渡を認めているかの設問に対しては9/174社の5%のメーカーが認めているのみで、多くのメーカーは譲渡は認めていません
これは後述されている設問にある通り、サポートへの影響が大きいのではないかと思います

ソフトがバンドルされたPCが中古として二人目のユーザーに渡るということは、新たなサポートの発生を生むのみで、ソフトメーカーには何の利得もありません
従って、バンドルソフトの譲渡は認めたく無いというのがメーカーの言い分でしょう
これに関しては全くもってその通りかと

 続きを読む
posted by G's at 23:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年05月01日

人は理解できないものを憎悪する

最近のTV報道におけるインターネットへの立場を見るにあたって

猫も杓子もインターネットを使う時代ですが、インターネットは道具に過ぎないということをわかっているコメンテーターはどれくらいいるのでしょうか

最近、インターネットを使った事件が多発していますが、本当にインターネットが悪いんでしょうか

インターネット関連で起きた事件と車で起きた事件、比べてみると車の方が事件が多いことに気がつきます

所詮は道具、道具に過ぎないインターネットを使った事件が起きる度に、インターネットが悪いといった偏った情報を平気で垂れ流しているマスコミは、自分達が起こしているムーブメントに関しては一切無関心を装いながら、コントロールをしているという事実はやはり納得の行くものではないかと

特に、偏向報道をやりあう局同士の小競り合いや誤報に関する謝罪のあり方など、一視聴者としては気になる所です。

 続きを読む
posted by G's at 14:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年03月31日

株式会社は誰のもの

以前、ライブドアvsフジTV騒動の渦中にも書いたのですが、株式会社を始めとする会社とは一体誰のものなのか、知識人である鈴木貴博氏がコラムで真をついているような意見を述べられていたので紹介します

「Jリーグが誰のものか」を考えると会社論が見えてくる 鈴木貴博氏

 
posted by G's at 09:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年03月25日

骨抜きになった法律

PSEなし中古家電の販売、事実上容認 読売新聞

なんか、馬鹿げてますね
問題が取りざたされてから告知周知のために使われた広告費はまるっきり無駄になったわけです
最初から書かれていない事を含まれるなんて発言した役人がお馬鹿なのか、一般人とかけはなれた金持ち役人の思考が浅はかなのか一体どちらでしょうか
どちらにしろ、今回の件に関った役人は皆思慮が足りないということですね

こんな役人はとっと辞任すべきなのでは

事実上野放しになる安全対策ですが、これ問題が起きたら誰が責任をとるんでしょうねぇ
役人?販売業者?個人?

中古販売に関しては今後も販売業者がPSEマークを自己認定させるように通達するようですが、果たして町のリサイクルショップにどうれだけの体力があることか・・・
ハードオフなどの大手リサイクルショップは自社認定できる設備に投資できますが、結局のところ個人営業の店は誰も救われないままになりそうです
今は本法の非対象となっているレンタル業務→無償譲渡でなんとかなりそうですが、大手の設備が整ったら再度問題が浮上しそうですね

 
posted by G's at 10:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2006年03月14日

最悪な行動

山口母子殺人事件の加害者側弁護士、安田好弘、足立修一が正当な理由もなく、口頭弁論出頭拒否したことにより延期となった

この二人の弁護士は死刑廃止論者で有名であり、かのオーム真理教の松本智津夫被告の主任弁護士を務めていた、死刑になりそうな加害者の最後の砦を勤めるのが生きがいのようだ

今回の行動は審議引き延ばしのための工作であり、許される行為ではない
弁護士として最低な行動であり、それは裁判所も認めている
こんな最低な工作を行う人間が弁護士資格を持っているということに驚きと憤りを感じる

こんな弁護士も厳罰を与えられない司法制度には落ち度があるとしか思えない
古い法律のままで運用してることも問題だが、弁護士をのモラルの低下も見のがせない

オーム事件でもそうだが、国選弁護人が時間稼ぎを行い、解任されるまで結審を避ける風潮や、自分の都合のよい裁判官に当たるまで延期を促すような違法すれすれのモラルの欠如した戦法など、明らかに一般人の感覚を無視した行動が許されていることに問題がある

もしかすると、日本はもう駄目なのか?

 続きを読む
posted by G's at 22:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ディベート| 管理者専用

2006年03月06日

迫りくる恐怖

たんで窒息、植物状態に

多くの人がこのニュースのタイトル配信で例の女児を思い浮かべたのではないでしょうか
気切済みで痰吸引が必須の女児の話です

事件以前の被害者女性の状態が不明ですので一概に比較はできないわけですが、幼児の場合にも同様の危険があるわけです
それを増員無しで通園可能と判断した菅野博之裁判長は今ごろ独自に増員を配慮した市側に感謝しているのではないでしょうか
もし仮に、この女児が被害者になったとしたら・・・
誰が責任をとるのでしょうか
無理矢理引き受けさせられた市側でしょうか
強引に一般保育を望んだ両親でしょうか
判決を下した菅野博之裁判長でしょうか

おそらく、無理矢理引き受けさせられた市が責任を負うことになるのです

市側は女児に配慮し、独自の判断で看護師の増員を行いました
両親はこの決定を当り前のように受け取り、さらに要求を進めるようですし、何か腑に落ちないものがあります

人の親になったあちきですが、尚更設備の整っていない保育園へ通わせることを押し通したこの女児の両親の気持ちがわかりません
我が子を危険に晒す行為だと認識できないのでしょうか


穿った見方をすれば、両親の思いである健常児として扱ってもらいたいというのは、障がい者差別ではないでしょうか
自分の子は養護施設に入らなければならない障がい者じゃない、だから一般保育園に入れたい
そんな考えがこの訴訟の最初から見えているのはあちきだけではないはず


そうそう、一般保育園への登園ができるようになったのですから、当然障がい者手帳は返還されたのですよね
自分の子供は健常者だから一般保育園へ入れろと待機児童を無視して入園させながらも、障がい者手帳は返さないと言うのは、あまりにも虫が良過ぎると思うのですが
健康と障がいは別物と反論があるようですが、障がい者枠は拒否するが、障がい者の補償は受けると言うのはどうでしょう

大体、待機児童枠に名を連ねるならともかく、なぜ優先的に入園なんでしょうね
既に特別待遇じゃないですか
他の健常児と同等に扱って貰いたいと言いながら、実のところ特別扱いを望んでいるんですよね

それはともかく、女児が一日も早く健康を取り戻せることを祈願しつつ擱筆

 
posted by G's at 23:20 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

icon icon
htmy300.jpgicon