2012年11月07日

楽曲不信と付加価値




こういうことが先進的で今音楽業界とかに必要なことなんじゃないかな?

やたら網目の細かいようで穴がでかい罰則を作ることにやっきになる前に、自分たちの売りをどう見せるかが問われる時代だと思う。

AKB商法も全面的には肯定はしないけど、あながち間違いではないことは実績が物語っているわけで(苦笑)
まぁ、CDが売れたから楽曲に人気があるのか?という点では測れないわけですが(爆)



一般的には付加価値を付けることでしか評価されないようなものしか作れない業界が全面的に悪いというものでもないとは思いますが、あちきは正直売れない曲を大量生産してきた業界が悪いと思っています。

事実として、付加価値を付けずとも売れている楽曲もあるわけでして。

CDが売れないのではなく、楽曲そのものに魅力がないという点を敢えて見ない振りをしつつ、違法ダウンロードが原因と自分たちの愚策を隠す生贄を求めているようでは、どの道廃れるだけ。

まぁ、音楽業界が廃れようとも、音楽は消えることがないので、別に慌てる必要もないかと。

ボーカロイドによる素人の作品が台頭し始めている点も踏まえれば、今の音楽業界に絶対的に不足しているのは、何故かデフレ不況に負けないCD価格の維持への英断と、無駄な中間搾取の撤廃ではないでしょうか?


CDの売上不振の原因は、売れる楽曲がないことであって、違法ダウンロードが100%の責ではないことは、近日公開されたCD購入に関してのアンケート結果が物語っています。


Web魚拓



 
posted by G's at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2012年06月11日

CDが売れなくなった理由

CDが売れない本当の理由
マイナビニュース


まぁ、真実ですね。
違法なダウンロード云々ではなく、レンタルで済ませているという意見が大半を占め、基本購入するほどの魅力がないということ。

業界は散々違法なダウンロードが売上不信の原因と放言してきましたが、ちょっとまともなアンケートをとればそれが嘘であることは明白。

売れない楽曲を作っても売れるはずもなく、おまけ(ランキング,握手券,etc.)が欲しいからCDが売れるという事実はもはや疑う余地はないかと。

何度も書いていますが、売上不振と嘆いてはいますが、売れている楽曲は普通に売れていますよね?
B'zのCDが売れているのは、なぜなんでしょうか?
違法なダウンロードが原因であれば、当然誰彼構わず売上に影響が出るはずですが?

売れる曲を出せなくなった業界が衰退するのは当然であり、CDがなくなっても、多くのユーザーは困りません。
今や一般的になりつつあるダウンロード販売がありますし。


もう一点
CDの値段が高価であること。
世界レベルで見ても、アルバムが一枚3000円というのは高価な部類。
馬鹿げた話、邦楽を海外レーベルで購入したほうが安価なんてことも・・・
ダウンロード販売も、海外では一曲が100円以下なんてザラ。
ところが日本では200円以上が当たり前。
まぁ、売れませんな。

iPhone,iPodのお陰で端末毎に購入するなんてことが馬鹿げていると証明されたこともあり、ダウンロード販売もiTunesが大人気。

日本方式では相変わらず端末毎に購入しろなんて馬鹿げた話がまかり通っているのが業界の馬鹿さ加減そのままを表しているわけで・・・

CDをレンタル、PCでコピー、CDにしたり、mp3にして携帯端末にコピー、最初からmp3で販売すれば良いという意見には違法コピー対策で端末毎に買いなおせと無茶ぶり。
無茶ぶりに嫌気が差して、違法なサイトからダウンロードするのが当たり前に。
負の連鎖そのものですな。

違法コピーは無くならないでしょうが、良い曲は残ります。
さて、今後どうなることやら。

 
posted by G's at 08:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2011年01月30日

これが本当のクズ

まぁ、この人とその取巻は本気で記憶障害を自由に設定できるので、あまり参考にはならないかもしれませんが、そういうこと

Web魚拓
http://megalodon.jp/2011-0127-1917-22/www.n-kan.jp/2002/05/post-1294.php

マジで、こいつらに投票した連中は責任をもって処分して欲しい

 
posted by G's at 18:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2010年06月04日

書籍デジタル化サービス(雨後の筍)

やはりという感も否めませんが、一冊90円で書籍のデジタル化を請け負うサービスが出てきました

本(書籍)の電子化/PDF、スキャン代行サービスなら-スキャポン

350ページまでの書籍は一冊90円、それ以上の場合は、200ページ毎に一冊分の追加料金90円だそうで、まぁ、低価格ですね

Amazonや楽天から直接購入書籍を送り込むことで、送料の問題も解決・・・
データーはダウンロード方式のようです
(別途DVD-Rによる有料オプション有)

んーなんか、やってることは同じですね

 続きを読む
posted by G's at 20:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2010年05月08日

書籍デジタル化サービス

さて、既に話題に乗り遅れまくっているネタですが、各所で熱い議論が交わされています

サービス内容に関しては概ね高評価ですが、やはり著作権法違反になるという意見と、ならないという意見とに別れています

興味深いのは、いわゆる制作側にあたる漫画家さんが違法であると意見したことに反論する形で意見交換がなされていたり、司法関係者の見解など、多種多様な職業の人々が垣根なく意見交換している様子が見て取れることでしょうか

あちきは制作側ではないので、著作権を侵害するかもしれない側になるのですが、やはり現行法の下では、書籍をデジタル化するという行為の代行は「私的複製権」を逸脱する行為に思えてなりません

こう書くと、自分が器材を揃えてしまったことに対するやっかみではないかと思われそうですが、代行業者の存在がグレーゾーンであることは明白だと思います

現状、「出版業界から注意が来ていない」=「明確な合法」とは言い切れませんので
どちらかというと、私的複製権を逸脱した違法行為という方が強い気がします

 続きを読む
posted by G's at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

これってありなのか?

業界関係者から歓迎の声も――スキャン代行は「悪」なのか

BOOKSCAN(ブックスキャン)

いや、驚きです
少し前に、雑誌をデジタル化して売ろうとした業者が開始早々没った事件がありましたが、書籍のスキャン代行って、かなり黒に近いグレーだとあちきは思うのですが・・・

あちきも書籍のデジタル化を独り邁進していますが、それはあくまでも自分の手持ちの書籍に限っての事で、代価を受け取って商売にするというのは、著作権法における私的複製権の拡大解釈というか、逸脱してませんかねぇ
 
続きを読む
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2009年10月21日

楽天ノジマオンライン(旧いーでじ)の酷い対応

2013/01/29 追記

ショップ名を悪名が高くなったいーでじから、親会社のノジマオンラインに変更した模様。
名を変えても中身は同じなのでやれることは同じ。
酷い有様です。
ノジマオンラインでは確保予定のない数の予約をとり、明らかに間に合わないと気がついても予約可能で注文を取り続け、実際に足りなくなった場合には発売予定日前日にメールで一方的にキャンセルを行い終了します。
この際届くキャンセルメールには転載をしないように脅しとも取れる文言が記載され、購入者を牽制しています。
なお、購入者がキャンセルする場合には、キャンセル料を徴収するという一方的な手段を用いています。
己はキャンセル料を支払いもせず、一方ではキャンセル料(1500円)を徴収するというあくどい業者です。

キャンセルに関しても発売日前日という悪意に満ちた日付ですので容易に他社への注文をさせたくない様相がみてとれます。
せめて発売一週間前にでも連絡されていれば、他社での購入もできるのですが。

また、新たな妄言として、離島からの注文では銀行振込に対応していないそうです。
一体どんな支払い方法であれば注文できるのでしょうか?
銀行振込は確実に支払いがなされますがクレジットカードは後日です。
それでもキャンセルした理由としては送料が平均よりかかるからでしょうか?
思いの外、送料が高くついたことからキャンセル扱いにしたのでしょうか?
店側からのまともな回答は得られませんので、上記疑問は解決しません。

キャンセルに関しての店側の宣言
nojima01.jpg


なお、ノジマオンラインでは利用者に一方的に不利な内容の規約を掲げていますので、規約は必ず熟読してください。
規約に同意できる人のみのご利用を(苦笑)
あちきは絶対に同意出来ませんので、二度とこの店舗は利用しません。

っていうか、この規約に同意した場合、一方的なキャンセルも当たり前のように受け止めないといけません。
もっとも、この内容を掲げていても、実際に行使する店舗は稀だと思いますが。

追記ここまで
以下本文。

Windows7 HOME Premium アップグレード ファミリーパック

ですが、予約受付したものの、入荷予定数以上のご注文をとってしまったので、予約は無かったことにするそうです

それも、発売前日にメールだけで・・・

ふざけてます

しかも、そのメールの内容を転載等はしないようにお願いという形で要請しています
まぁ、blog全盛期の昨今、脅しでも入れて置かないと悪い評判がたつからなのでしょうけど、完全に裏目です
誠意の見えない一方的なお願いなんて、聞く耳持ちません
せめて、もう少し早ければ別の店舗で買えたのに・・・

確保する努力をしたなんて、書いてますけど店舗への割り当てが決まっている以上、そんなことが出来るはずもなく、おそらく口からでまかせですね

受注ミスが発覚した時点で連絡があれば、まだなんとかなったんですけどねぇ・・・

なので、お願いは受け入れないことにします

以下、メールの転載です

一部、個人情報に関しては削除しています

尚、この記事、及び当blogが閲覧できなくなった場合、嫌がらせで消えたものと思って頂いて間違い有りません

 続きを読む
posted by G's at 14:08 | 東京 ☀ | Comment(19) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2009年07月08日

命の重さ

また同じことが話題になっていますが、設備の整っていない施設に無理矢理通い、他人の善意を期待すると言うのは如何なものか

命を賭けに使うのはいい加減にしてもらいたいものです

万が一を思えばこそ、設備の整った施設を選ぶべきなのでは

最初から他者の善意をあてにしていると思われても仕方のない状況です

事実、これまでがそうであったように

事故が起きなければ、あちきの様な意見は冷たいと称されるのでしょうが、事故が起きた場合、責を負うのは本人です

養護施設でも事故は起きると言う意見もありますが、少なくとも訓練を受けた人間が適切に対応し、それなりの設備が整った環境では、素人集団が不整備な環境で対応するよりも、事故の起きる確率は下がります

命の重さを思えばこその選択なのですが、冷たい意見でしょうか

さじ加減が難しい案件ではありますが、「友人と同じ学校に通いたい」という思いだけで、命を賭けるのは本当に本人の為になるのかどうか、今一度思案してもらいたい所です

ところで、判決を出した裁判官は一週間ほどお世話係を体験すべきです
自分が出した判決が本当に正しかったのかを知る良い機会だと思います

 
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2008年10月30日

ドラフト会議の意義

また今年も馬鹿げた発言が飛び出し、さらには呆れた規則まで決めてしまいましたね

一人の社会人が自分の行く末を決めることに対して罰則を設けるとは、一体全体野球コミッショナーというのは何様なんですか?

社会人野球から大リーグへ進むことを決め、ドラフトを拒否した一人の人間に対し、応援するのではなく、自分達の利益を損ねる行為だと糾弾し、さらには帰国後のプロ野球への復帰にはペナルティとして、社会人(大学)野球出身選手は2年間(高校卒業選手は3年間)、日本のプロ野球界への入団をを認めないとのこと・・・

こんなことするから、余計にいたくないんじゃないの?

かつて高校生の球団逆指名は認めない理由として、精神が未熟だから我々大人(コミッショナー)が導く必要があるとか、言っていた馬鹿がいましたが、世の中には中卒で自分の進路を決めている社会人も大勢います

それを見ぬ振りして、自分達の都合の悪いこと(高校生が入団先を選ぶこと)は本人のためにならないと勝手に規制してしまうやり方はいかがなものかと

本当に、腐った大人の代表格ですな

確かに、契約金などの歯止めが効かない等の問題はあったようですが、ようは自分達の思惑に従わない事が気に入らないだけに映ります


 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年10月15日

CD不振は中身の問題

昨年発売になったコブクロのベストアルバムが今年遂に300万枚の売り上げを記録するそうです

つまり、売れるCDは売れるということ

CD業界全体で見れば売上不振が続いていますが、内容の劣る廉価版のようなCDばかりを数多く売っている為に、極一部の本当に優秀な内容のCDの売り上げだけでは、CD業界を潤すほどの力は無いのは明白

つまり、水増しばかりしてるから、CDが売れないように見えてるだけ、いや、敢えてその状況を作っているだけなのかもしれませんが

そのくせCDの売上不振をカジュアルコピーやインターネットの普及だけが原因であるかのような業界の姿勢には呆れるだけです

そんな状況にJASRACのような利権団体も絡んでくれば、もうはやどうにもなりませんな

売れないCDを大量生産しておいて、売上不振は自分達の所為ではないと責任転嫁している限り、業界の復興はありえませんな

 続きを読む
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年09月07日

大々的に規約違反を語る?

面白い内容のメールが届きました

前置き
クレジットカード加盟店がクレジット払いでカード使用料、手数料などの名目で手数料を取る行為はクレジットカード会社との契約で禁じられています
つまり、現金払いと異なる価格体系をとらないことが義務付けられています

dospara.jpg

なので、大々的にカード手数料を廃止しましたなどというお知らせは愚の骨頂なわけです

現金特化というふれ込みであれば、グレーゾーンで許されてきた面もありましたが、敢えてカード会社への違反行為を白日の下に晒してまで宣伝する意味があるのか

まぁ、手数料をとらないということで、良い宣伝にはなるわけですが

消費者である我々にとっては良いことですが、なんとなく気の晴れない内容でしたので・・・

posted by G's at 11:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年08月28日

SONYの安心度

ソニーのUSBメモリに「rootkit的」技術
ITmediaエンタープライズ


なんというか、懲りない面々と言った感じです

例え必要とされたかもしれない仕様でも、rootkit紛いの仕様を採用する必要はないわけで
そもそも、一般ユーザーはWindowsディレクトリなんて端から見ません

指紋認証というシステムを守るためとはいえ、やり方が安易かつ愚直過ぎます

しかも、検査機関の報告は無視ですか

公表されるのと、公表するとのでは大分企業への印象が変わるんですけどねぇ
隠し通せると踏んだのか、それとも、打開策があるのか

あちき的にはだんまりで時間切れを狙っているとしか思えませんが


これじゃ、SONY製品は怖くて買えません
何が入っているのか不明、且つ、都合の悪いことにはだんまりですから


 
posted by G's at 16:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年08月07日

歴史は繰り返す

AAA自然公園の岩にスプレーで落書き
アノ人気グループ、公園に落書き…事務所も開き直り zakzak

お馬鹿発言を繰り返す人は、周りが何を言っても変わらないのです

最初は謝罪するかの様にみせておいて、今度は擁護を越えた言い訳、犯罪ではないだそうです・・・
もはや、この人達に付ける薬はなさそう

例に上げられた横浜市だって、そりゃ怒ります

一般常識、モラルがあれば、社会人が発言していい言葉ではないことは明白だと思いますが・・
二十歳前の未成年が言うならともかく、歴とした会社の対応ですからね

こいつら、ほんとうにやっていいことと悪いことの区別がつかないようです

できれば、公園の管理局に訴えられてしまえばいいのに
むこうでは自然保護に対する態度は滅法厳しいですよ

 
posted by G's at 11:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年08月04日

著名な作家の盗作に関して

唐沢俊一氏による慢棚通信さんのblog内容を盗作した話ですが、交渉決裂と思いきや、唐沢氏のページで謝罪文が公開されてました
もっとも、内容は一方的な言い訳なんですけどね
WEB魚拓07/08/03 1100
WEB魚拓07/08/04 1051

現在は公開当初のものに該当ページが追加されたようです


さらに酷いのがこの文章

『漫棚通信氏との交渉についてご報告』

WEB魚拓2007/8/1 12:21:48
WEB魚拓2007/8/1 13:16:12
WEB魚拓2007/8/4 11:28:36


盗作じゃない、引用した旨を記載しわすれたんだ、ケアレスミスだ
ところで、交渉内容は一生秘密にしてくれないと訴えますよ
こっちは誠意をもってやっているのに、調子に乗るな
謝っているんだから、こっちの条件を飲みなさい

ああ。呆れてものがいえないです
盗人猛々しいにもほどがあります

盗みに入った家で怪我をした泥棒が家主を訴えて勝訴した話のようですな


形上では慢棚通信さんが望まれた、在庫の裁断、差替え版の発行は叶うようですが、流通在庫の回収は行われないようですね

というか、この手の出版物って、初回刷りで終わりということも珍しくないわけで、ケチの付いた出版物をわざわざ回収したり、差替え版を発行するなんてありえないですね
そもそも、流通在庫を回収しないのであれば、在庫の裁断だって出荷してしまえば行わなくて済むわけです

唐沢&幻冬舎組みのリングアウト勝ちといった結果ですか


唐沢氏、幻冬舎のやりとりは実に滑稽であることがわかっていますし、同業者からの批判も相次いだことで、ようやく形だけの謝罪文の公開となったと見るのが妥当かと

いしかわじゅんさんも大分困っているみたいですし(苦笑)

仮に引用文として利用していたとしても、問題を起しかねないやり方だったというのが、本件の重要な点ではないでしょうか

唐沢氏と幻冬舎のやり口が実に巧妙で相手を素人だと思って威圧的な態度を表明したりと、やくざ顔負けかと

そもそも、加害者側が被害者側に条件を突きつける交渉ってどうなのさ?

まずは謝罪ありきでしょ

言い訳ではなく、謝罪

「当方のケアレスで、ほぼそのままの形のものをペーストしてしまい」
改ざんするつもりがコピペしてしまいましたと読める言い訳は、実は本音だったわけですか・・・

少なくとも、唐沢氏の信用は失墜したはず
いや、できれば出版業界で烙印を押してもらいたいところです

某トレス漫画家は復帰したそうですが、ずいぶん短い謹慎期間でしたね

出版社ぐるみで事に当たれば何も怖くないということでしょうか

今後は唐沢氏と幻冬舎関連の書籍の購入はよほどの理由がない限り見送りすることにします
それがあちきの結論


著名人の盗作は相手が素人だと名誉毀損で訴えると脅すというのがやり口のようです
マスコミは著名人の味方ですので役に立ちませんしね
そもそも、今回のニュースも殆どが盗作ではなく盗作疑惑ですしね
続報も出てませんし、マスコミによる身内を守る姿勢というのは実に強力です

一番怖いのは出版社に逆らえないことでしょうか

 
posted by G's at 12:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年07月23日

自爆ボタン

小寺信良:
「1世代コピー9th」では誰も幸せになれない

ITmedia

ほんとにねぇ、何を考えているんだか
一世代コピーしかできないものに、価値はないのにねぇ

撮り溜めしている人にはどうでも良い話しですが、それらを別の媒体へ移して活用する人にとっては何の恩恵ももたらさないわけです

DRMを使って録画時に個人用のパスワードを設定すれば配布する際にもパスを公開する必要があるので一般人には公開を妨げる手段になると思うんですけどねぇ

一番の問題は、一部の職人と呼ばれる違法な録画番組を配布する輩であって、一般人がカジュアルコピーで友人知人に配る事の方が違法コピーの締める割合って多いんじゃないでしょうか

録画はフリー、再生には録画機器の所有者の固有のパスワードが必須となれば、パスワードに社会保険番号等の他人に使われては不味い物を活用する事で、カジュアルコピーって減ると思うんですよね

自分で使う場合には、コピーはフリーなので、いくらでも手持ちの機器へコピー、編集ができる

ただし、再生時にパスワードの入力が必須となれば、録画した番組や編集したディスクを他人へ譲渡する=パスワード(個人情報)を渡す必要があるので、カジュアルコピーで他人へ渡すことへの妨げになると思うんです

自分で使う限り、再生機器にパスワードを記憶させておけば何の不便もないわけで、これって良い方法だと思うんですけど

今のDRMの技術ってこの位の事できるはずなんですよね

個人のデーター利用はフリー、しかし、個人間の譲渡は不可となる分、家族間での貸し借りはやり難くなりますが、コピーワンスが9回までとかいう馬鹿げた仕様よりはよっぽど汎用性が有ると思います


そもそも、コピーワンスをかけている国って、先進国の中では日本だけです
これは、事業者が自社製作の番組が録画されてしまうことで、後に販売するDVD等の複産業的な売り上げの減少を嫌ってのことなんですよね

視聴者を泥棒と見ているに同じこと

スポンサーから資金を得るだけでは満足できず、番組DVDを高値で売る事で利益率をあげてきたこれまでの慣例が悪しき習慣なわけで
NHKの様に、受信料で番組を作ったにもかかわらず、番組のDVDを子会社を経由して明らかに高額で販売する商法も悪しき習慣なわけで
それでいて、数百億の売り上げはなぜか子会社のもので、親会社のNHKは自分の金ではないから受信料が足りないとか面白い言い分を言ってますな
受信料で作った番組を再版しているけど、それは受信料を支払った人の物じゃないのでしょうか
なぜ、子会社を使っているのでしょうか


閑話休題
兎に角、コピーワンス9回なんて仕様はゴミ
いずれ手痛いしっぺ返しをくらいますぜ

 
posted by G's at 12:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | ディベート| 管理者専用

2007年07月09日

信頼できるのか?

消えた年金記録、幅広く給付認定へ 第三者委
asahi.com

なんか、認定方法に問題が有り過ぎてどうなんでしょうね
家計簿が証拠になるとか言ってましたけど、いくらでも偽造できる物を証拠とされてもねぇ

つい最近、偽造牛肉問題で大手スーパーが返金を行った際、売上金額1000万円に対して、返金額が4000万を越えたとか(苦笑)

そんな時代ですから、適当にでっちあげた証拠で認定を迫る輩が出てくるのは目に見えています

本当に支払っていたのに年金記録が消えてしまった人には同情しますが、ここぞとばかりに欲を出してくる詐欺師が跋扈する可能性を思うと、なんとしたものかと

一人一人、うそ発見器にかけますか?

 
posted by G's at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年07月01日

著作権保護は必要、でも、JASRACは不要

違法音楽配信の識別に“適法”マーク制度、レコ協が秋から運用予定
INTERNET Watch

実に下らない論議だと思うんですよ

違法な音楽配信は罪に問われて当然ですが、著作権管理の名の下にやりたい放題のJASRACが何を言うのかと

私的複製に関しては見直しが必要といわれていますが、現行の親しい友人間まで複製を認めるという行きすぎた感もある内容はさておき、個人で使う場合において、自宅と車内、携帯プレーヤー等すべての機器用に使用権を購入しろとでも言いたげな発言には呆れるばかり

個人での複製は制限を求めない
それが当り前

あとは、個人での使用の幅をどこまで認めるかが問題なのでは?

同居人までokなのか、血を分けた親類までokなのか、一親等までか、親しい友人とはどこまでかと、はっきりと線引きを明確にするのがまず第一でなのでは?


兎に角、課金しろというまともに議論すらする価値の無い発言を繰り返す輩に何の思惑が有るのか

著作権保護をうたっておきながら、実際には実に不透明な会計報告しか出さない、分配金も実際の使用率ではなく、JASRACが勝手に決めた分配率で、且つ、暴利とも思える上前をはねた額から適当に分配

これのどこに著作権保護が見えているのか


「実際にJASRACが徴収している著作権使用料が減少するなど、社会環境の変化によるデジタルコピーが著作者に大きな影響を与えていることは事実。現状の補償金制度は手をこまねいているとしか思えない」


デジタルコピーが原因の一端を担っているのは事実だろうが、そこには売れない楽曲の存在は含まれていないとでも思っているのだろうか

毎度の繰り返しになるが、本当に必要な消費者は購入する
無料で手に入るなら聞くというユーザーはデジタル配信がなくても、購入することはない
買う人は買い、買わない人は買わないと言うのが真実

CDなどの売り上げが減少したのは、売れないCDばかりが出荷されているからに過ぎない
そして、少子化というCDの購入層が減少している現実もある

つまり、買わせる気にするCDがなく、購入者も減少しているのが現実に起きている事態であって、デジタルで違法な配信が増えたから、JASRACの売り上げが減ったわけではない


購入層の激減という事実を見据えることなく、降って涌いたデジタル配信を隠れ蓑に自分らの不手際、やる気の無さ、拝金主義を改善することなく、減った取り分を補填しろと喚き散らす団体の存在は消費者にとって不利益以外の何ものでもない

また、著作権者の代理人の顔をしてはいるが、実際には著作権者には殆ど利益が回らない仕組みになっているのは、オーケン事件を鑑みればよくわかる
注意:元ソースが見つからない、都市伝説であることがご本人の証言で判明しています。
よって、上記一文を削除いたします。


権利者側として保証金の拡充を求めるのは、JASRAC以外に存在していないのではないだろうか?
そして、たとえ保証金が拡充したとしても、それが真の権利者である著作権者へ渡る事はないだろうという事も予測に難くない

何故ならば、今回の適法マーク制度の導入では莫大な資金が動くのだから
著作権者をまもる為という旗印の下、実際には自分らの利権をまもる為の行動しかしていないわけだ
インディーズの扱いを見れば一目瞭然
彼らにとって、今回の適法マークは全く無意味
しかし、足並みを揃えないと格好が付かないため、無理でも実行させようとしている
元々、著作権管理を自分らに任せないインディーズはJASRACにとっては目の上のたん瘤なのだから

インディーズ配信サイトにも適法マークを使わせるように無理矢理促し、そこからもマークの使用料を取ろうとでもいうのだろうか


違法なサイトが増えたから、その利用者が増えたから、一般の利用者の負担を増やそうという思想は一体どこの世界の話だろうか

普通はまず、違法なサイト、違法な利用者を取り締まるように促すのが当り前(効果がないという現実はこの論議では無意味)

なぜ、無関係の一般利用者がその補填をしなければならないのか

一般利用者が納得する説明をお願いしたい

違法サイト、違法な利用者が増加したから収入が減った
これが仮に事実だとして、では、一般利用者がその補填をする理由はどこに有るのか?

現実には買う気を起させる楽曲が減り、わざわざ買ってまで聞きたい思わない楽曲が相変わらず高値で販売されているので、楽曲全体の売り上げが減ったに過ぎない
事実、B's、SMAP等の人気歌手の楽曲は売れている
売れていないわけではない
デジタル配信が増えたから楽曲の販売数が減ったというのであれば、何故売れ行きが良い楽曲が存在しているのか

JASRACの言い分だと、違法なデジタル配信の所為で売り上げがおちたのではないのか?
おかしな話である
違法なデジタル配信が原因なのに、人気がある楽曲の販売数は安定したままで、全体の売り上げは減っている?

つまり、違法なデジタル配信が無かったとしても、売れる楽曲は売れていて、売れない楽曲が更に売れていないだけに過ぎない

普通の考え方ならば、売れている楽曲ほど、違法なデジタル配信で打撃を受けるのではないのか?

有る特定の事実を隠しながら一面のみを用いた論法は実に簡単に崩されるものだ

違法なデジタル配信がなければ楽曲の売り上げが大幅に伸びるという根拠を示して貰いたい物だ
実際の所、違法なデジタル配信が一部の購入者の邪魔をしているのは事実だろうから、ある程度は増加するだろうが、JASRACのいう大幅な減少の原因ではない為、すぐに頭打ちになるだろう

繰り返しになるが、買う人は買い、買わない人は買わないと言うのが真実

JASRACに変わる、まともな著作権保護団体が現われる事を願って擱筆

 
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年06月26日

犯罪者に甘い国

日本テレビの報道番組に倫理違反…BRCが見解読売新聞
WEB魚拓

上記、日本テレビが報道した内容が倫理違反であると「放送と人権等権利に関する委員会(BRC)」が認めた件に関して

第124回 BRC議事録(07/06/26未掲載)

本件の概要
東京都町田市のエステ店経営者が「医師法違反で送検されたニュースの中で、極悪人の如く報道されて人格が否定された、また盗撮映像が使われ、プライバシーも侵害された」と訴えている

資格も無いのに医師免許が必要な行為を行なった行為は十分極悪人と批難されるに事足りると思いますが
「極悪人の如く報道され」とありますが、実際極悪人である以上、なにが問題なのか不明


当て逃げしても車は貸していたが誰に貸したか判らないでok、死姦は蘇生の儀式と弁護士が守ってくれる、なんと犯罪者に優しい国なんでしょう

 
posted by G's at 21:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年06月24日

信仰心は命より尊いのか?

親拒んでも15歳未満輸血、信仰より救命優先…学会指針案読売新聞
web魚拓

またエホバの証人信仰により、尊いはずの命が失われました

助かる命を信仰の自由を理由に助けられないと言うジレンマ


楽園で復活するらしいですが、では現世は一体なんなのか

あちきには命より重いとされる信仰が理解できません

 
posted by G's at 10:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用

2007年06月20日

国民総背番号制度

国民総背番号制度と情報システムを議論する
日経BP

あちきは国民総背番号制という仕組み自体には賛成です
既に基礎年金番号や住基ネットなどで管理され始めていることに加え、その利点を思うと導入によって被る不利益は微々たるものかと

個人情報云々がとか言ってる反対派の人に聞いてみたいのが、年賀状とか書いてませんかということ

それよりも、一つの管理番号によって、管理した貰った方が、色々と便利だと思うのが、一つの家庭を持って思った感じたこと

何をするにしても、一々書類を書く必要があって、物凄く大変なんですよね
しかも、お役所仕事だから物凄く遅い

あと、年金管理もできないような役所に任せるのは不安というのは心情はわかるけど、自分ではなにもできないわけで
現実を見据えた意見で反論して欲しいな

なんか、最近民主党と同じレベルの反論が多い気がするのは気のせいだろうか?

反対をするのはかまわないけれど、感情に任せただけとか、建設的意見もなしに、ただ反対と叫ぶのは自由だけどみっともない行動


まぁ、国民総背番号制になって困る人が少なからず居ると言うのは事実ですが、犯罪者でもない限り、激しく拒否する理由が見当たらないんですよ

あちきは犯罪者には住み難い国になってくれるなら、多少の不便は我慢できるなぁ

 続きを読む
posted by G's at 15:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用
ソニーストア ソニーストア
ソニーストア