2008年04月10日

雑記帳の聖衣

というわけで、ビザビのプラスチックカバーが届きました

クリアケース for Eee PC

eeepc_co01.jpg
eeepc_co02.jpg

eeepc_co03.jpgeeepc_co07.jpg

eeepc_co06.jpgeeepc_co05.jpgeeepc_co04.jpg


思っていたよりもシンプルな構造で、装着も簡単
本当にただはめ込むだけ

eeepc_co08.jpgeeepc_co09.jpg
eeepc_co10.jpgeeepc_co11.jpg


で、そのメリットデメリットを
  
メリット

・かなり丈夫。
 他社でシリコンゴムタイプのカバーがありましたが、保護の観点からするとこちらの方が好ましいかと

・バッテリー部を除いて左右も覆っているので、縦置きにしても本体に傷がつかない
 デスクの横に立てかけて置いていると、サイドが汚れたり傷がつくので困ってました

・天板がクリアなので本体との間に写真を挟むだけでオリジナルデザインPCに早代わり
 この製品の購入目的の8割がこれ、防護はついでだったりする(苦笑)



デメリット

・PC全体を覆うので放熱が悪くなる
 これはカバーの宿命ですが、放熱口は開いているので、ギリギリ大丈夫か?

・サイズの超過
 付属してくる専用のインナーケースにギリギリ

・天板のど真ん中に形成のゲート跡がある
 eeepc_co13.jpg
 うーん、購入当初から天板側に写真を挟む予定だったので、この仕様には参りました
 この位置にゲートを設計した奴は馬鹿
 画竜点睛を欠いてます
 せっかくいいものを作ったのに、詰めが甘い

・底面にゴム足がないので滑る
 eeepc_co12.jpg
 机の上で滑りまくります、ゴム足位は付けるべきです
 どこかで白いゴム足探してこないと

デメリットのほうが多そうな気もしますが、通勤鞄に入れておくことを考えると、この位の丈夫さは欲しいところです

なので、持ち運ぶユーザーにはお勧め!



ついでに液晶保護の目的でアンチグレアタイプのシートを購入

OverLay Plus for Eee PC

最近の流行はテカリまくる光沢タイプが主流らしいのですが、あれって見た目は派手で綺麗なんですけど、長時間見ていると目が痛くなりませんか?

アンチグレアタイプだと色の再現性や発色性に問題ありといわれていますが、写り込みの激しい液晶なんて、使いにくいだけです
特にモバイル用途で映り込みが激しいというのは屋内外を問わず使われるモバイルPCには不向きといわざるを得ないというのがあちきの感想

まぁ、使う人がよければどうでもいいんですけどね(苦笑)


実際、使用感ですが、映り込みがしなくなったのですこぶる快適です
屋内ですとどうしても蛍光灯などが写り込んで見にくくなることがしばしばあるのですが、アンチグレアタイプの保護シートを貼ってからというもの、まったく映り込みがなくなったので、視線をずらすなどの余計な手間がなくなったので、非常に快適になりました

そうそう、貼り付けも硬質タイプなので端からゆっくりと空気抜きしながら貼るだけで簡単に貼れます
流石専用品だけあって、サイズもピッタリ

アンチグレアタイプ液晶保護シートお勧めです



他にも、ビザビではこんなものも売ってますが、ちょっと高くて手が出ません

Eee PC用スーパー大容量バッテリー HLI-EEE701XL


eBAYではさらに大容量10,500mAという、超大容量バッテリーがあります


送料込みでも約$90とお手頃感が漂っていますが、完全な海外製品で保障がないことをおもうとちょっと心配
別の方が注文済みなので、レポートを待ちたいと思います(苦笑)

posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | EeePC| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon