2005年10月27日

ヤフオクにおける詐欺紛いの出品手法

ヤフオクを眺めていると、時々面白い商品が出品されていたりします。

明らかに偽物と判っているので写真をぼかしてあるもの
コピーソフトなので現物の写真が掲載できないもの
壊れているのに、そこに言及していないもの
退色が進んでいたり、劣化が激しいのに高く売っているもの(希少価値0)
梱包費用と言う名の手数料を別途請求するもの
業者でもないのに消費税を付加するもの

出品価格は出品者の権限で付けられるもので、入札者は自由意志で入札するのですが、やっぱり現物を確認できない入札者の方が明らかに不利な状況です。

出品者はより高く売るために、狡い真似をするのは仕方無いのかもしれませんが、道義に反した行為は謹むべきでしょう。

中でもあちきが見つけた出品物は群を抜いて酷いものでした。
  
出品物は電子辞書ソフトなのですが、実は雑誌の付録です。

同名ソフトの廉価版なのですが、出品者は雑誌の付録であったこと、同等品として廉価版であることを明記していません。
(雑誌の名前)版と記載はありますが、雑誌の付録であることは明記していません。

あちきはディスクの写真から実は雑誌の付録の廉価版であることに気がつきましたが、これは明らかに出品者の悪意が見て取れます。

写真がまともなので、もしかすると本気で同等品と思っているおかもしれませんが・・・

さて、件のソフトは実はいまでもバックナンバーで取り寄せることができます。

そのお値段1390円 送料無料(書店取り寄せ)配送の場合210円

出品物のスタート価格は2500円・・・送料別途

振込手数料なんかも考えると、明らかに馬鹿げた価格です。

もし、出品者の説明書きのみを信じてしまうと、大損をします。


一部の雑誌などではプレミア価格がつくこともありますが、未だにバックナンバーの取り寄せが可能な雑誌の付録ソフトを、あたかも製品版と同等であるかのような説明で誤魔化して販売すると言うのは、些かあこぎではないでしょうか。

入札する側が気をつけて商品写真を吟味すれば済む問題ではありますが、やっぱり出品者が正確な情報を提供しないと言うのはオークションのルールに反した行為だと思われます。

皆さんも現物が見えないネットオークションには気をつけましょう。


新規IDで大量に出品&市場価格の相場よりもはるかに低い即決価格が設定されているパソコン用ソフトは、コピー品の可能性がほぼ100%ですので、入札しないようにしましょう。
例えば、WindowsXPが即決価格1200円とか、フォトショップが1500円とかの出品を多数している輩は違法コピーの犯罪者です。
違法コピーと知っていて購入した場合、購入者も罰せられます。

また、いくら評価がプラスであっても、その評価が低価格の商品で付いたものばかりや、情報の購入で付いている場合には、評価のために落札で加勢だだけの偽りの評価ですので、これもまた入札は控えた方が安全です。

なので新規ユーザーで且つ、大量出品且つ、即決価格が相場よりもはるかに安価、さらに現物写真がないような商品は落札してはいけません。


それにしてもヤフオクにいくら通報しても削除されないのは何故だろう。
ヤフオクは落札された方が手数料が儲かるので放置している気もします。
本人確認をしているにもかかわらず、詐欺や違法コピーの出品が減らないのは、ヤフオク管理者の怠慢だと思います。

だいたい、以前はヤフオクIDで通報が出来たのですが、いまでは出品物ごとに通報しないといけないようになりました。

以前は両方あったと記憶していたのですが、どうやらIDで通報されるとヤフオク管理者には困った事態になるようです。

2chの削除人ではありませんが、ヤフオク削除人のアルバイトをやってあげたい気分です(苦笑)

あと、同等品をいくつも入札している人を見かけますが、最近は釣り上げ屋というのがいるそうで、複数のIDを駆使して顧客の出品物の入札額をほどほどまで釣り上げるそうです。

自作自演で釣り上げをやっていると常に同じIDが入札していることに気が付かれ、つり上げがバレ易くなりますので、その対策で複数の出品者が持ち回りでお互いの商品を入札しあったりしているうちにできた組織の様です(苦笑)

その人の評価はやっぱり一桁だったり、ろくでもない内容ばかりの落札だったりします。

また、転売屋というのも存在していて、落札IDと出品IDを使い分けている人もいます。
そのため、落札専門IDでは同じ製品がいくつも落札されていたりします。


顔が見えないというのは本当に恐いことですねぇ。

 
posted by G's at 09:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤフオク| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8599290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon