2005年08月15日

郵政の怠慢

あちきの住んでいるマンションには宅配ボックスが設置されています。

正直共働きの夫婦にとっては大変便利で、ほとんどの配達品はこれで受け取っています。

一部、着払いとゆうパック以外は。

そう、ゆうパックが問題なのです。

よくわかりませんが、ゆうパックはほとんどの場合、宅配ボックスを使わずに持ち帰ります。

で、再配達は当日にしてくれないことが多いです。

一応目安として当日20時まで電話連絡を入れれば再配達してくれるのですが、そういう時に限って出かけていたりと不在通知を見つける度にむかつきます。

なんの為の宅配ボックスなのか!!

  
このところ、オークションを再び始めた為、ゆうパックの配達が多くなったのですが、多分に漏れず、ゆうパックは一切宅配ボックスを使ってくれません。

全部持ち帰りです。

帰宅時間が20時を過ぎていることもしばしば有り、結局後日の再配達か、本局まで受取に行く羽目に。

で、遂に誤配達をきっかけに切れました。

すると、「書類を出していただければ宅配ボックスを使う様にします。」という、今まで聞いたことのなかった返答が・・・

おいおい、そんなものがあるなら、もっと早く教えろよ。

というわけで、荷物とともにその書類を受け取ったのですが、これがなんと粗末コピー用紙にコピーしたような紙切れ一枚。

返送用の封筒とともにくれたのでそれは良かったのですが、本文にある別紙「ご留意事項」という別紙が入っていませんでした。

これって契約とみなしたら、完全に向こうの落ち度だよねぇ・・・

その「ご留意事項」に何か書かれているのかは想像に難くないのですが、恐らく荷物が無くなっても受取書を発行されたら、責任取りませんよ。とでも書いてあるような気がするのはあちきだけでしょうか。

まぁ、いい加減な配達はいつものことですし、宅配ボックスの使い方を間違えた場合は向こうの責任ですから、責任は取ってもらいますのでこんなもの無くても全然OKですけどね。


さて、一応こんな仕組みができのがいつだったのかと思い、ネットでいろいろ調べて見たのですがこれが不思議なことに全く情報が無い。

郵政のページでも出てこないばかりか、普通の話題にも上がっていないんですねぇ。

あちきのように苦労している人も多いと思いますので、宅配ボックスを使って欲しい方は最寄りの郵便局へ連絡して、宅配ボックスを使って欲しい旨を伝えて「指定場所配達に関する依頼書」をFAXなり、郵便なりでもらってください。

本局クラスだと受付に書類がおいてあります。


で、この制度ができたのが2003年頃だそうで・・・

おいおい、2年も経つのに全く知られていないのはやる気が無いんだろう。

ほんと、こんな怠慢を続けられるのも今のうちだぞ。

民営化に賛成したくなるのも無理はないとあちきは思うのであった。

 
posted by G's at 09:28 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記| 管理者専用
この記事へのコメント
書類を提出後、またもや持ち帰りされてしまいました。

苦情の電話を入れ、再配達を要請&原因究明を約束させた所、折り返し電話が有り、なんと受領したけど忘れていたそうで・・・よくもまぁ恥ずかしげもなく言えたもんだ。

誤魔化さなかっただけ、進歩したのかもしれませんが。

二度とこのようなことがないようにしますと約束したのですが・・・

やられました

今まではゆうパック、こんどは定型外の配達を持ち帰られました・・・

郵便局は民営化して、サービスの向上と言うか、基本的な姿勢を正したほうがいいと思います。

特別郵便局とか作るのは反対だけど、公務員だからとまともな接客ができないのであれば、民営化して厳しい現実を垣間見た方がいいでしょう。

 
 
Posted by G's at 2005年09月03日 16:51
2006年以降は「指定場所配達依頼書」は全く不要になりました。提出されても配達員が何か配慮することはありません。なぜ配達員が宅配ボックスに入れないかというと、郵便受けに表札が出ていないので転居の可能性があるからです。郵便受けに表札が出ていないので転居の可能性があるのに、配達員がリスクを犯して宅配ボックスに入れるような危険なことはしません。宅配ボックスに入れてもらうには、郵便受けに表札を出す必要があります。郵便受けに表札を出したくない場合は、通販の登録住所末尾に「不在時宅配ボックス希望」と書いてあれば、どの宅配会社の配達員も宅配ボックスに配達します。
つきましては、この記事は削除を希望します。あるいは記事の冒頭に、「2016年現在は、この依頼書の提出は不要になりました。郵便受けに表札を出すか、宛先住所欄に『不在時宅配ボックス希望』と書いてあれば、宅配ボックスに配達されます。」という追記を希望いたします。
Posted by 郵便局員 at 2016年10月11日 08:38
>2006年以降は「指定場所配達依頼書」は全く不要になりました
とありますが、未だにこの書類は存在し、受付もしています。
依頼書が関係ないのであれば、利用者をバカにしているということですか?
郵便局員さん?
 
表札出している,いないはそういうこともあるという話ですが、当然当時から出していますし、郵便物は普通に届いてます
荷物に関してのみ担当が違うとか色々言い訳がありましたが、最近は持ち帰りも減りました
 
 
現状、記事の削除を要請する権利はあなたにはないので、郵政からの正式な書面を発行してもらってから再度要請してください
職場の怠慢を揶揄されて悔しかったのでしょうが、郵政の代表でもないあなたが郵政職員を名乗って記事の削除を求めるのは些か行き過ぎです
 
また、WEB検索してみるとわかりますが、2016/10の時点で未だに宅配BOXがあっても利用しない郵便局員が多数見受けられます
よって、記事の削除、改定は不要と思います。
 
せめて、郵政では宅配BOXの利用は基本行わない旨、さらに、表札を出していない場合には宅配BOXの利用はしないという明確な表明がないことを反省し、大々的に宣伝してからにすべきですね
 
一方的な暗黙の了解で宅配BOXは利用しませんではまともな企業姿勢とは思えません
 
誤配達が怖いので宅配BOXは利用しませんでもokですよw
 
ゆうパック利用時に宅配BOXへの配達の有無を記載する用意もないのに、”住所末尾に「不在時宅配ボックス希望」と書いてあれば、〜”というのも随分と上から目線の気がしますが、未だに公務員時代の癖が抜けていないんでしょうか
 
取り敢えず最寄りの郵便局に「指定場所配達依頼書」の存在意義を聞いてみましょうか
また郵政としての公式な見解がどうなのかも聞いておく必要がありますね

 
Posted by G's@管理人 at 2016年10月11日 15:27
郵便局員さん、あなたここ最近”指定場所配達依頼”に関する記事にコメント入れまくってますねw
全ての記事で内容が間違っているだの、だから削除しろだの書いてますが、現実問題として未だに”指定場所配達依頼”が存在し、受付している事実はどう思っているんでしょうか?
 
記事が間違っていると糾弾していますが、古い記事では矛盾が生じるのは当たり前とは思いませんか?
当時はそれでよかったのですよ、もっともこの件は未だに改善されていないので、内容が間違っているわけではないので、記事の削除、改定を求めるほうが間違っていると思いますが
 
Posted by G's@管理人 at 2016年10月11日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5911405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon