2007年07月23日

自爆ボタン

小寺信良:
「1世代コピー9th」では誰も幸せになれない

ITmedia

ほんとにねぇ、何を考えているんだか
一世代コピーしかできないものに、価値はないのにねぇ

撮り溜めしている人にはどうでも良い話しですが、それらを別の媒体へ移して活用する人にとっては何の恩恵ももたらさないわけです

DRMを使って録画時に個人用のパスワードを設定すれば配布する際にもパスを公開する必要があるので一般人には公開を妨げる手段になると思うんですけどねぇ

一番の問題は、一部の職人と呼ばれる違法な録画番組を配布する輩であって、一般人がカジュアルコピーで友人知人に配る事の方が違法コピーの締める割合って多いんじゃないでしょうか

録画はフリー、再生には録画機器の所有者の固有のパスワードが必須となれば、パスワードに社会保険番号等の他人に使われては不味い物を活用する事で、カジュアルコピーって減ると思うんですよね

自分で使う場合には、コピーはフリーなので、いくらでも手持ちの機器へコピー、編集ができる

ただし、再生時にパスワードの入力が必須となれば、録画した番組や編集したディスクを他人へ譲渡する=パスワード(個人情報)を渡す必要があるので、カジュアルコピーで他人へ渡すことへの妨げになると思うんです

自分で使う限り、再生機器にパスワードを記憶させておけば何の不便もないわけで、これって良い方法だと思うんですけど

今のDRMの技術ってこの位の事できるはずなんですよね

個人のデーター利用はフリー、しかし、個人間の譲渡は不可となる分、家族間での貸し借りはやり難くなりますが、コピーワンスが9回までとかいう馬鹿げた仕様よりはよっぽど汎用性が有ると思います


そもそも、コピーワンスをかけている国って、先進国の中では日本だけです
これは、事業者が自社製作の番組が録画されてしまうことで、後に販売するDVD等の複産業的な売り上げの減少を嫌ってのことなんですよね

視聴者を泥棒と見ているに同じこと

スポンサーから資金を得るだけでは満足できず、番組DVDを高値で売る事で利益率をあげてきたこれまでの慣例が悪しき習慣なわけで
NHKの様に、受信料で番組を作ったにもかかわらず、番組のDVDを子会社を経由して明らかに高額で販売する商法も悪しき習慣なわけで
それでいて、数百億の売り上げはなぜか子会社のもので、親会社のNHKは自分の金ではないから受信料が足りないとか面白い言い分を言ってますな
受信料で作った番組を再版しているけど、それは受信料を支払った人の物じゃないのでしょうか
なぜ、子会社を使っているのでしょうか


閑話休題
兎に角、コピーワンス9回なんて仕様はゴミ
いずれ手痛いしっぺ返しをくらいますぜ

 
posted by G's at 12:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | ディベート| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

自爆ボタンHUB
Excerpt: 音入り自爆ボタンDX・USB2.0ハブ これはちょっと欲しい。 自分で買おうとは思わないが(笑) パソコンで作業中、何かのミスをした時などに自爆できる。
Weblog: COMONO
Tracked: 2007-08-14 19:42

icon icon
htmy300.jpgicon