2007年06月20日

国民総背番号制度

国民総背番号制度と情報システムを議論する
日経BP

あちきは国民総背番号制という仕組み自体には賛成です
既に基礎年金番号や住基ネットなどで管理され始めていることに加え、その利点を思うと導入によって被る不利益は微々たるものかと

個人情報云々がとか言ってる反対派の人に聞いてみたいのが、年賀状とか書いてませんかということ

それよりも、一つの管理番号によって、管理した貰った方が、色々と便利だと思うのが、一つの家庭を持って思った感じたこと

何をするにしても、一々書類を書く必要があって、物凄く大変なんですよね
しかも、お役所仕事だから物凄く遅い

あと、年金管理もできないような役所に任せるのは不安というのは心情はわかるけど、自分ではなにもできないわけで
現実を見据えた意見で反論して欲しいな

なんか、最近民主党と同じレベルの反論が多い気がするのは気のせいだろうか?

反対をするのはかまわないけれど、感情に任せただけとか、建設的意見もなしに、ただ反対と叫ぶのは自由だけどみっともない行動


まぁ、国民総背番号制になって困る人が少なからず居ると言うのは事実ですが、犯罪者でもない限り、激しく拒否する理由が見当たらないんですよ

あちきは犯罪者には住み難い国になってくれるなら、多少の不便は我慢できるなぁ

 
例えば、振り込め詐欺などで一躍表に踊り出た架空口座等も、口座を開く際に背番号確認があれば、少しは違うかと

犯罪者には住み難くなること間違いなし

もちろん、一般国民もそれなりの不利益を被る場合もあるでしょうし、それにともないプライバシーの侵害などの問題も生じるでしょう

それでも、導入した方がメリットが多いと感じるんですけどねぇ

メリット、デメリットに関してはリンク先の記事を参照のこと(苦笑)

 
posted by G's at 15:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon