2017年02月18日

オールマイティな地デジ画像

録画済みの地デジ番組をREGZA、PC、Androidタブレット(DicePlayer)の三機器で再生できるファイルを作ってみたました

我が家のTVは東芝のREGZA Z1

使用したのはTMPGEncVideoMasteringWorks5
既にWorks6が発売となっていますあちきの使い方ではが大した差がないのでそのままです
その代わりと言っては何ですが、TMPGEncAuthoringWorks6は買いました
長年愛用してきたCorelDVDMovieWriter7SEが色々不具合出まくっていたので良い機会でした

閑話休題

色々思うところがあって一つのファイルで何でも出来ればエンコードの時間もHDDの容量も食わなくなるので色々模索してみました

これまではPCとREGZAは共通のファイルで再生ができ、Android端末は性能からかm2tsそのままでは再生できなかったので別途mp4を作っていました
これが最近のAndroid端末ではDicePlayerで十分m2tsが再生できるのでこれ幸いにと一つのファイルに集約しよとしたのですが、再生できるものとできないもの、音声が出るもの出ないものなど多岐に渡ったため、色々やって確認してみました

結論として以下の設定で作成されたtsファイルはPC、REGZA、Androidで再生できました
映像
Image1.jpg

音声
Image2.jpg

GOP構造
Image3.jpg

詳細設定
Image4.jpg

ポイントとしては音声
音声がDolbydigitalになっているとAndroid端末(Diceplayer)で再生できません
また、ストリーム形式がMpeg-4 AACでは駄目で、Mpeg-2 ACC LowComplexy(LC)でないとREGZAで音声が出ません

十種類に及ぶ試行錯誤の結果、この答えに

もっとも、Androidのプレイヤーソフトを別のものに変えれば音声がDolbyでも再生できたのかもしれませんが、Diceplayer使いやすいんですよね
倍速再生や送り、音量、明るさなどが指一本でできるので重宝してます

余談ですがMediaPadM3のビデオプレーヤーはこれの廉価版のような気がします
インターフェースが似すぎてますが、ちょっと機能不足

DicdPlayer(GooglePlay)

既にエンコードしてしまった分に関しては、TMPGEncVMW5で音声のみを再エンコードしから高度なツールを使って合成することで動画の再エンコードを防ぐことができたので時間短縮になりました

posted by G's at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | REGZA| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447128769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソニーストア ソニーストア
ソニーストア