2016年09月12日

犯人は踊る

今回はボードゲームではなくてカードゲーム

「犯人は踊る」というシンプルで奥が深いゲームです。
プレイ時間が10分足らずかつプレイ人数が3人〜8人と幅広いのでちょっとした集まりにプレイするのにも最適です。

odoru1.jpg


カードの種類が16種類と少なく、基本的にルールがカードに書いてあるので初見でもすぐに溶けこめると思います。
我が家の長男(8歳小学二年生)でもすぐに理解していました。

第一発見者のカードを貰った人がそのカードからプレイしますが、ここでどんな事件なのかをプレイの都度決めて宣言するというのがこのゲームの醍醐味

「俺のおやつを食べた奴は誰だ!」事件
「俺のアイスを食べた奴は誰だ!」事件
「俺の・・・を食べた奴は誰だ!」事件ばかりで子供に突っ込まれてしまいました
というか、四人でプレイして、なんで自分ばかり第一発見者が配られるんだろう?


カードの種類が16種類、全32枚と少ないので物凄くシンプル
odoru2.jpg

プレイ時は手札4枚になるようにするのと、プレイ人数で使用するカードに差異があるのでそこだけ注意
odoru3.jpg

まだ家族四人でしかプレイしていないので、八人プレイをしてみたいです


posted by G's at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441876245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソニーストア ソニーストア
ソニーストア