2016年03月03日

物語の〆方

この所立て続けに完結した作品を読んでいたのですが、そこで気になったのがその結末のあり方。

全ての伏線を回収せずに終わるのはいかがなものかと。

とある作者はあとがきにてこんなことを書いていました。

物語の全てを書いてしまうと読者が想像する楽しみを奪うことになるので敢えて詳細を書かずにいる。


うーん、それもアリなのは判るのですが、それにしても腹心四人の内二人との対決を描きながら残りの二人に関してはちょい見せだけで主人公と絡まないとか、

物語序盤で活躍した仲間が後半一切出てこないとか、

ストーリー上は一切絡みがないけど重要なキャラクターがその存在を示唆されているだけで一切出てこないままとか。

大ボスのようなモノの存在が最初から用意されていたのに、最後は放置されているとか、

このような手法を否定はしませんが、個人的には気持ち悪いです。
終わり方がこれならば、最初から読まなければ良かったと思うほど後悔します。


また、当初の路線から正反対路線への変更という謎展開。

連載当初はただのナンセンスギャグマンガだったのに、連載終了間近ななると突然シリアスな展開が散りばめられ、それまでの行動が全て演技であったかのような個々のキャラクターの謎発言。

広げすぎた大風呂敷を畳に掛かったものの、足早過ぎて補足が足りない為に強引さが目立つ様になる。


どちらの作品もミリオンセラーでアニメ化までされた作品ですが、この〆方はいかがなものか。


完結しているからと安心して読み進めてまさかの投げっぱなしジャーマンの様相を呈する作品に連続して当たるとは思いもよりませんでした。

どのような形にしろ、散りばめた伏線くらいはきちんと回収して終わって欲しいものです。
物語の結末を読者に委ねるにしても、基本の設定分までは描いておいて欲しいです。
物語の結末から先は自由に想像するのは読者の自由というのは納得できるのですが、物語の途中からを委ねるというのはどうなんでしょう?


話変わって。
「絶望先生」のあの終わり方ってどうなんでしょ?
改めて最初から確認に走った読者も多かったのでは?


個人的には「怪物王女」のような終わり方が好きです。
怪物王女

怪物王女
著者:光永康則
価格:540円
楽天ブックスで詳細を見る



ストーリー物は終わり方が決まっていないと大変ですよね。
時事ネタで進めていた絶望先生がいきなり路線変更したのは不思議でしたが、この作者は前にも同じようなことやってますしねぇ…


posted by G's at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 電子書籍| 管理者専用
この記事へのコメント
作品名が非常に気になります。
Posted by masa at 2016年03月21日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434540121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon