2014年10月19日

DTCP-IP Disc Recorder の罠再び

DTCP-IP Disc Recorder がまた停止しました。
後継ソフトの販売終了と関係があるのかは不明ですが、相変わらず適当なサポートなため難の情報も得られず手も足も出ません。

販売窓口というだけなのは承知していますが、鍵サーバの停止時くらいコメントを出して欲しいものです。
お陰で無駄なアンインスト&再インスト&再起動しまくりですよ。

後継ソフトであるDiXiM BD Burner 2013 も年内で販売終了し、後継品は出ないとのこと。
つまり、このソフトを持ってPCへのダビング作業はディスク経由のみになるということですね。
なお、DTCP-IPの鍵発行も2017年12月末までを利用期限となっています。
後三年でソフトがゴミなるのが確定しているわけですが、その頃には別の会社が新たに開発してくれているとありがたいですね。

posted by G's at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフト| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407394278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソニーストア ソニーストア
ソニーストア