2014年08月31日

コンデジズームの罠

今年初めにCMOSにカビ状のゴミが付着し修理に出したHX30Vですが、またもやゴミの付着を確認。


HX30V_1408301.jpg

今回のゴミはホコリと思われます。
なので、ネット上でも紹介されていた対処療法を試してみることに。

その方法とは「鏡胴部分を掃除機で吸う」というもの。

  
カメラの電源を入れた状態(鏡胴部分を出すため)で掃除機を被せてスイッチオン。
十秒程度吸った後モニタを確認すると無事ゴミが取れていました。

HX30V_1408302.jpg

良かった良かった。
既に保証期間が終了しているので対処できて良かったです。


ソニータイマー?
SONYからの帰還
posted by G's at 15:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404644605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon