2005年05月27日

アクセス解析dopvSTAR*の設置

自分でアクセスログを取っていたのですが、解析をするのにいちちエクセルを使うのも面倒なので、アクセス解析のCGIを探して見たところ、フリーでありながら、多機能なものを見つけたので、設置して見ました。

dopvSTAR*

これをBlogに設置するのですが、そのままでは些か手間がかかりそうなので、seesaaとdopvSTAR*で検索して見ると、見事にdopvSTAR*をseesaaBLOGに設置する方法を説明しているBlogをみつけました。

InqSite無料ブログでビジネスブログ



以下設置方法ですが、その前に注意書

あちきはプログラムの内容はわかりません。

人様の褌で相撲を取っているに過ぎませんので、質問などはしないでください。

このページはあくまでもあちきの備忘録です。

CGIの設置方法や、プログラムの説明などは一切お答えできません。

以上を踏まえて、ご覧ください。

人様のサイトを参照しながら設置しておいてなんですが、説明がわかりにくかったので、画像を入れながら備忘録を作成します。

最初にseesaaでデザイン→コンテンツとすすみます。

ac1.jpg

コンテンツから記事をクリックして、記事(ページコンテンツ)の設定 を開きます。

ac2.jpg

ページの右端のコンテンツHTML編集 をクリックして、HTML編集画面を開きます。


ac3.jpg


あとはInqSiteさんで解説されている通りにアクセス解析のコードを埋めこんでいきます。

HTMLをメモ帳やエディタ等にコピペしてから作業を行なうとやりやすいです。




始めに、トップページ用のコードを埋め込みます。


まず、<!-- Content -->を探します。
デフォルトのままなら2行目にあると思います。

その下に次のコードを埋めこみます。
<% if:page_name eq 'index' -%>
<a href="http://tech.bayashi.net/">
<script type="text/javascript" language="JavaScript">
<!--

//----- ログ取得CGIへのパス(相対パスもしくはURL)
var pa = "HTMLからのパス/dsw.cgi";
//----- ページ名(半角英数文字のみ)
var pg = "ページ名";
//----- 出力タイプ(g=グラフィックカウンタ, m=gifロゴ, n=出力ナシ)
var p = "g";
//----- カウントアップしないなら "no"
var cnt = "";

var a="&&"; var pf=navigator.platform; var lng=navigator.language; var swh=screen.width+"x"+screen.height; var cd=screen.colorDepth; var pd=screen.pixelDepth; var rf=document.referrer; document.write("<img src='"+pa+"?xx=",new Date().getSeconds(),a+"cnt="+cnt+a+"p="+p+a+"md=j"+a+"
pg="+pg+a+"pf="+pf+a+"lng="+lng+a+"
swh="+swh+a+"cd="+cd+a+"pd="+pd+a+"
rf="+rf+"' alt='アクセス解析CGI' border='0' />");
// -->
</script>

<noscript>
<img src="HTMLからのパス/dsw.cgi?md=nj&&p=g&&pg=ページ名" alt="アクセス解析CGI" border="0" />
</noscript>
</a>

<% /if -%>

HTMLからのパスには、自分のCGIを設置したパスを記載して下さい。

ページ名には、好きなユニークなものを付けられます。

アクセス解析の際に、ここで付けたものが、トップページに相応します。




続いて記事ページの設定。

記事ページはページ毎のチェックが必要になるので、繰り返し表示用のloopの中に入れてやる必要が有ります。

元のHTMLから、<% loop:list_article -%>を検索します。

デフォルトのままなら、一ヶ所しかないはずです。

次に、その下方の<% if:page_name eq 'article' -%>を探します。

<% if:page_name eq 'article' -%>は3ヶ所ありますので間違えないように。

デフォルトなら、二番目のやつになります。

その下に次のコードを埋めこみます。

<a href="http://tech.bayashi.net/">
<script type="text/javascript" language="JavaScript">
<!--

//----- ログ取得CGIへのパス(相対パスもしくはURL)
var pa = "HTMLからのパス/dsw.cgi";
//----- ページ名(半角英数文字のみ)
var pg = "ページ名";
//----- 出力タイプ(g=グラフィックカウンタ, m=gifロゴ, n=出力ナシ)
var p = "g";
//----- カウントアップしないなら "no"
var cnt = "";

var a="&&"; var pf=navigator.platform; var lng=navigator.language; var swh=screen.width+"x"+screen.height; var cd=screen.colorDepth; var pd=screen.pixelDepth; var rf=document.referrer; document.write("<img src='"+pa+"?xx=",new Date().getSeconds(),a+"cnt="+cnt+a+"p="+p+a+"md=j"+a+"
pg="+pg+a+"pf="+pf+a+"lng="+lng+a+"
swh="+swh+a+"cd="+cd+a+"pd="+pd+a+"
rf="+rf+"' alt='アクセス解析CGI' border='0' />");
// -->
</script><noscript><img src="HTMLからのパス/dsw.cgi?md=nj&&p=g&&pg=ページ名/span>" alt="アクセス解析CGI" border="0" /></noscript></a>

HTMLからのパスには、自分のCGIを設置したパスを記載して下さい。

ページ名には、<% article.id %> を記載します。

こうすると、記事毎の7桁のユニークな数字がそのままページ名になります。

ほんとは記事のタイトルが付けられると便利なのですが、2バイト文字である日本語を使わない方がよさげなので、解析では記事毎に与えられている数字で表記されるようにしておきます。




続いて月別ページの設定

<% if:page_name eq 'archive' -%>を検索します。

デフォルトなら、一ヶ所だけだと思います。

その下に次のコードを埋めこみます。

<a href="http://tech.bayashi.net/">
<script type="text/javascript" language="JavaScript">
<!--

//----- ログ取得CGIへのパス(相対パスもしくはURL)
var pa = "HTMLからのパス/dsw.cgi";
//----- ページ名(半角英数文字のみ)
var pg = "ページ名";
//----- 出力タイプ(g=グラフィックカウンタ, m=gifロゴ, n=出力ナシ)
var p = "g";
//----- カウントアップしないなら "no"
var cnt = "";

var a="&&"; var pf=navigator.platform; var lng=navigator.language; var swh=screen.width+"x"+screen.height; var cd=screen.colorDepth; var pd=screen.pixelDepth; var rf=document.referrer; document.write("<img src='"+pa+"?xx=",new Date().getSeconds(),a+"cnt="+cnt+a+"p="+p+a+"md=j"+a+"
pg="+pg+a+"pf="+pf+a+"lng="+lng+a+"
swh="+swh+a+"cd="+cd+a+"pd="+pd+a+"
rf="+rf+"' alt='アクセス解析CGI' border='0' />");
// -->
</script>

<noscript>
<img src="HTMLからのパス/dsw.cgi?md=nj&&p=g&&pg=ページ名" alt="アクセス解析CGI" border="0" />
</noscript>
</a>

HTMLからのパスには、自分のCGIを設置したパスを記載して下さい。

ページ名はarc<% archive.createstamp | date_format("%Y%m") %>とします。

これでarc西暦4桁月2桁(年月)、つまり arc200505(年月) がページ名となります。




最後にカテゴリーページ用の設定

<% if:page_name eq 'category' -%>を検索します。

デフォルトなら、一ヶ所だけだと思います。

その下に次のコードを埋めこみます。

<a href="http://tech.bayashi.net/">
<script type="text/javascript" language="JavaScript">
<!--

//----- ログ取得CGIへのパス(相対パスもしくはURL)
var pa = "HTMLからのパス/dsw.cgi";
//----- ページ名(半角英数文字のみ)
var pg = "ページ名";
//----- 出力タイプ(g=グラフィックカウンタ, m=gifロゴ, n=出力ナシ)
var p = "g";
//----- カウントアップしないなら "no"
var cnt = "";

var a="&&"; var pf=navigator.platform; var lng=navigator.language; var swh=screen.width+"x"+screen.height; var cd=screen.colorDepth; var pd=screen.pixelDepth; var rf=document.referrer; document.write("<img src='"+pa+"?xx=",new Date().getSeconds(),a+"cnt="+cnt+a+"p="+p+a+"md=j"+a+"
pg="+pg+a+"pf="+pf+a+"lng="+lng+a+"
swh="+swh+a+"cd="+cd+a+"pd="+pd+a+"
rf="+rf+"' alt='アクセス解析CGI' border='0' />");
// -->
</script>

<noscript>
<img src="HTMLからのパス/dsw.cgi?md=nj&&p=g&&pg=ページ名" alt="アクセス解析CGI" border="0" />
</noscript>
</a>

HTMLからのパスには、自分のCGIを設置したパスを記載して下さい。

ページ名はcat<% category.id %>とします。

これでcatカテゴリー固有の6桁の数字(cat123456)がページ名となります。

ここでもほんとはカテゴリのタイトルが付けられると便利なのですが、2バイト文字である日本語を使わない方がよさげなので、解析ではカテゴリ毎に与えられている数字で表記されるようにしておきます。




以上で、アクセス解析の設置は終わりです。

blogの再構築を行い、再構築終了後、blogにアクセスしてから設置したアクセス解析のCGIを呼び出して下さい。

blog上でカウントが表示され、アクセス解析CGIで自分のIPが表示されていれば、成功です。


dopvSTAR* ダイ 様 並びに InqSite 深田 様に感謝致します。





追記の追記 wakwakサーバーに対応

設置してから気がついたのですが、あちきの場合blogはseesaaですが、CGIはwakwakに置いてあるので、デフォルトのままだとアクセス解析の際のグラフが表示されないことに気がつきました。

wakwakではCGIディレクトリに画像ファイルを置くことができないのです。

いや、置くことはできるのですが、参照できません。

なので、一部の設定を変更することになります。

最初にdopvSTAR* のimages ディレクトリの bar_blue.gif と bar_green.gif をwakwakサーバーのルート直下、もしくは任意のディレクトリにコピーします。

つぎにdopvSTAR* の基本的な設定が詰まっているのは、dsi.pl なので、こいつを編集します。

注意事項としては、このファイルはEUCなので、対応しているエディタでないと、正常に表示されませんので、お気をつけください。

dsi.pl を開き、bar_blue.gif を検索します。

次のコードが書かれているところがみつかりますので、画像ファイルの位置を置き直した場所に、フルパスで記載します。

# ■バー画像
# dsa.cgi からのパス。デフォルト設置構成なら変更の必要なし
$INI{'bar_image_blue'} = './images/bar_blue.gif';
$INI{'bar_image_green'} = './images/bar_green.gif';
$INI{'bar_width'} = 300; # (グラフの横幅。変更の必要なし)

を以下のように書き換えます。

# ■バー画像
# dsa.cgi からのパス。デフォルト設置構成なら変更の必要なし
#$INI{'bar_image_blue'} = './images/bar_blue.gif';
#$INI{'bar_image_green'} = './images/bar_green.gif';
$INI{'bar_image_blue'} = 'フルパス/bar_blue.gif';
$INI{'bar_image_green'} = 'フルパス/bar_green.gif';
$INI{'bar_width'} = 300; # (グラフの横幅。変更の必要なし)

フルパスはhttp://からすべて記載します。

元の記述は消してもかまいませんが、残しておくと後々変更点がわかりやすくなるので、頭に#をつけて残しておきます。

あとは解析ページを参照して見てください。

グラフが表示されていれば、それでOKです。

posted by G's at 13:16 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(3) | Blog| 管理者専用
この記事へのコメント
こんにちは。dopvSTAR*作者のダイです。
画像まで提示してご丁寧にご紹介いただきありがとうございます。
ページ名の設定で、たぶんタグが実体参照に変換されていないため、消えてます。もし、お手数でなければ修正して頂けませんか?
dopvSTAR*次期バージョンアップではブログへの対応強化します。是非、よろしく。では。
Posted by ダイ at 2005年05月28日 07:28
全部修正したつもりでしたが、まだ消えていたんですね (l|l゚Д゚)

早いうちに修正いたします。

新バージョン楽しみにしております。
Posted by G's at 2005年05月28日 09:05
記事の日本語タイトル表示が可能となったわけですが、’mtディレクトリパス’なるものがわからず、せっちできません。

seesaaで、自分のblogのディレクトリを知る方法って、ないんですかね?

どなたか教えて下さい。
Posted by G's at 2005年05月28日 20:51
ページ名でタグのエスケープができないとのご指摘を受けたのですが、ネスケ7.1で見る限り、正常に表示されており、もしやと思いIEで確認したところ、消えていることをやっと確認しました(苦笑)

手直ししましたが、まだ残っていましたら、ご連絡下さい。
Posted by G's at 2005年05月28日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

blogを便利に使う
Excerpt: 読んでいる記事からすぐさまエディット画面が呼び出せると言う、画期的なテクニックが紹介されていましたので、あちきも設定してみました。
Weblog: G'sのだらだらぐーたら日記 on blog
Tracked: 2005-05-28 21:26

お薦め!無料レンタルアクセス解析 - AccessAnalyzer.com(アクセスアナライザードットコム)
Excerpt: 無料でここまで出来るのか!無料で利用するのが気が引けるほど素晴らしい無料レンタルアクセス解析ツールです!知らない人はいないと思うけど・・・
Weblog: はじめよう!快適ネット生活
Tracked: 2005-06-25 20:38

読みやすく
Excerpt: これだけで、間の抜けた表示にならなくなります。
Weblog: G'sのだらだらぐーたら日記 on blog
Tracked: 2005-10-04 12:35

icon icon
htmy300.jpgicon