2014年04月04日

α6000の罠 DMFの使い方

すっかり勘違いしていました。

DMFでAFでピント位置が気に入らない時にマニュアルで調整できるという話があったので、メニューから該当する項目を探していたのですが、単なる勘違いでした。

AFが動いた後ピントリングを動かすことでDMFが動作するんですね・・・

どうやればピント合わせの拡大画面になるのかと試行錯誤していました。
正直、ちゃんとマニュアルを読んでおけばよかったです(苦笑)

タブレットとの連携で大体のピントをタッチパネルで合わせてから手動で調整できるのでものすごく便利になりました。
っていうか、この機能を使わない手はない。

バカでした。

マニュアルは一応一読してあったのですが、実際に動かしてみないと気がつかない事が沢山あります(苦笑)

知っている人にとっては極当たり前の使い方なんでしょうけど。

 
posted by G's at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon