2014年01月09日

塗装ブースがやってきた!

室内でのエアブラシにはやはり有って当たり前との話から、色々なメーカーのものと比較してみたところ、こちらの製品が一番開口部が広く、かつ奥行きが小さかったので、選択。

奥行きが小さいというのは、既婚者にとっては死活問題です(苦笑)
個人の部屋があるなら話は別ですが、そうでない場合、恒常的にでかいものが置きっぱなしに成っていると、伴侶にものすごく怒られます(苦笑)

なので、パワーもそこそこ、値段もそこそこで、一番奥行きが小さいMr.スーパーブースはあちきにはベストチョイスなのです。

奥行きが浅い分フードも浅いのですが、こちら単品で使うというよりも使用時に段ボールでの囲いを付けるつもりで、しまう際に奥行きの浅い製品の方が良いとの判断なので、フードの作りには文句が無いです。

欲を言えば、折畳式でも囲いまで付いていると満点でした。

さて、肝心の集塵能力ですが、シロッコファンによる吸引式で、動作音がうるさめとの事だったのですが、我が家の吸気清浄機が匂いを感知して強モードになった時よりも静かでした。

余りの静かさにその性能を疑ってしまいましたが、必要十分な吸引力があります。

エアブラシ使用時のミストはかなり抑えられるのがわかりました。
ただ、缶スプレーのサーフェイサーの場合、どうしても振りが大きくなるので、吸引力の弱い周辺への拡散が防ぎきれません。
やはり段ボールによる囲いは必須のようです。

サーフェイサーもエアブラシにしてしまえば、吹き付けが調整しやすいので、室内で有効な手段に感じます。
もっとも、エアブラシでサーフェイサーを吹く場合、専用にしたほうが良いとの話もあり、今のところは現状維持で行くしかなさそうです。

posted by G's at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon