2013年08月07日

機種変更の罠 パケ・ホーダイの扱い

先日FOMAからXiへの移行を伴う機種変更をしたわけですが、一つ気になる点が有りました。

それはパケホーダイの扱い。

FOMAではパケホーダイフラットに加入済みで、月の途中で機種変更になるため、パケホーダイの契約上では中途契約解除では全額支払い義務が生じるとあるため、移行当月ではFOMAとXi、双方のパケホーダイプランの金額がかかるかもしれないという話。

この辺りを詰めないままに契約変更してしまったので、勉強代と思うしかないと思ったのですが、一応調べてみるとこんな記事が。

FOMAのパケ・ホーダイフラットからXiパケ・ホーダイフラットへ、月半ばで契約変更した場合、パケ・ホーダイ料金は二重課金されるのか?
単純作業に心を込めて

適用時期の話を読む限り、新たに契約したXiのパケホーダイライトの分のみの請求となるようですが、オンラインではこの項目がなかったので、詳細は不明。
来月以降の請求で判明するでしょう。
151で聞いてしまえば解決する話ではありますが、面白そうなので請求書を待ってみます(苦笑)

  
2013/08/07 追記
今日、Mydocomoで確認してみたところ、日割りが可能な請求は全て日割りで計算されていました。

そして、肝心のパケホーダイですが、Xiパケホーダイライトのみの請求となっていました。
なので、記事の通り、FOMAからXiへの契約変更に伴うパケ・ホーダイの解約時、基本的には同時請求されることなく済むということです。

ただし、Xiへの契約変更時にパケホーダイの契約を行わない場合などにおいてはこの限りではないと思われます。

また、docomo Wi-Fi永年無料キャンペーンの様に、契約時にパケーホーダイが必須となっている場合、そのサービスが解約となることも注意が必要です。

オンラインショップでの契約時にも契約編の伴う既存サービスの廃止などに関する注意事項が表示されますので、間違いはないとは思いますが念の為。


  
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371227377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon