2013年08月05日

機種変更の罠 Xi開通

というわけで、docomo OnlineShopで購入した端末が届いたので、早速開封の儀。

sh08e_01.jpg

  
フタを開けるとまず本体が。
見た目がずんぐりむっくりだったギャラタブと違って、縦長。
sh08e_02.jpg

本体の入っている箱をどけると、えらく沢山畳まれたマニュアルと、クレードル。
sh08e_03.jpg

後は何も入っていない(苦笑)

えらくシンプルです。
注意事項などは、別途添付されていました。
どうせマニュアルは読まないか、pdfで読むのでどうでもいいです。

さて、今回はFOMAからの機種変更に伴うXiへの乗り換えだったので、miniUIMが付属しています。
今回もこれまでと同様に、通話は携帯電話で、タブレットはwifi運用する予定なので、常用しているXperiaRAY(SO-03C)にUIMを差し込むわけですが、通常サイズのUIM機種であるRAYにはそのままでは当然使えません。

そこで、予め変換アダプタを購入しておきました。
白いのが元のUIMで、ピンクがminiUIM
sh08e_05.jpg

アダプタにはめ込めば、見事通常サイズに。
sh08e_07.jpg

これをRAYに差し込んで作業完了。
sh08e_08.jpg

ではなく、実は開通手続きをdocomoOnlineShopのサイトで行う必要があります。
OnlinShopにログインして購入履歴から開通手続きを行います。

kaitsu1.jpg
kaitsu2.jpg
kaitsu3.jpg
kaitsu4.jpg

この作業を行うと、元のUIMでは一切繋がらなくなります。
一応確認しました(苦笑)

で、あとは元通りのはずなのですが・・・

一部のインストール済みのソフトが消えていたり、なんか挙動不審。
着信とメールは使えたので、まぁ、取り敢えず作業完了。

あとはSH-08Eの設定をするだけです。

つづく。
posted by G's at 08:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon