2006年03月21日

きゅうりの親玉

嫁とカレーの話で盛り上がったとき、カレーに入れる野菜の話題で茄子は許せるけど、キュウリみたいのは許せないと言う話になって、その野菜がなんだったか失念してしまい、二人で必死になって思い出そうとした矢先、嫁が言い放ちました

「そうだ、キューカンバー!」

それは、キュウリの英語訳(Cucumber)だ・・・

ちなみに正解はズッキーニでした
タイトルのきゅうりの親玉で検索したところ、ヒットしました
あれって、炒めても煮ても焼いても、美味しくないと思うんだけど・・・
そもそも、キュウリを炒めたり煮たり焼いたりするな

まぁ、実のところ、ズッキーニはきゅうりではなく、カボチャの仲間なので、炒めても煮ても焼いても、実はあっているのかも(苦笑)

 
posted by G's at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 嫁語録| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon