2008年10月30日

ドラフト会議の意義

また今年も馬鹿げた発言が飛び出し、さらには呆れた規則まで決めてしまいましたね

一人の社会人が自分の行く末を決めることに対して罰則を設けるとは、一体全体野球コミッショナーというのは何様なんですか?

社会人野球から大リーグへ進むことを決め、ドラフトを拒否した一人の人間に対し、応援するのではなく、自分達の利益を損ねる行為だと糾弾し、さらには帰国後のプロ野球への復帰にはペナルティとして、社会人(大学)野球出身選手は2年間(高校卒業選手は3年間)、日本のプロ野球界への入団をを認めないとのこと・・・

こんなことするから、余計にいたくないんじゃないの?

かつて高校生の球団逆指名は認めない理由として、精神が未熟だから我々大人(コミッショナー)が導く必要があるとか、言っていた馬鹿がいましたが、世の中には中卒で自分の進路を決めている社会人も大勢います

それを見ぬ振りして、自分達の都合の悪いこと(高校生が入団先を選ぶこと)は本人のためにならないと勝手に規制してしまうやり方はいかがなものかと

本当に、腐った大人の代表格ですな

確かに、契約金などの歯止めが効かない等の問題はあったようですが、ようは自分達の思惑に従わない事が気に入らないだけに映ります


  
金持ち球団が勝ちやすいというのは今年の某球団をみてもわかるように、他球団が発掘した選手を金で持ってきてしまえば、なんとでもなります
故障したら、ポイッと捨ててしまえば後腐れないですし
酷い話ですが、事実です

もう、この際、チームの枠を取っ払ってしまうというのはどうでしょうか?
全選手をシャッフルして、ドラフトと同じく選手の人生をくじ引きで決めてしまえば?

毎年が大変ならば、二年に一度でも、なんなら、四年に一度でも、総入れ替えをするという風にしてしまえば良いのです

当然、基本給は同じで、成績で歩合制

活躍すれば、大金が手に入るのは今と同じでしょ(苦笑)


高校生、大学生、社会人、人一人の人生をくじ引きで決めているドラフトなんて、どれだけ失礼なことなのか、今一度見直すべきだとあちきは思います

思えば、清原の涙の会見は実に印象に残っています

彼の人生は巨人へ行かないことでどれだけ影響があったのか

希望する球団へ行けないという今の制度は、本当に正常に機能しているのでしょうか?

金持ち球団が、得をすることになっていませんか?

野球ゲームよろしく、一球団が全選手に使える総額を決めてしまうとか、金満政治の是正はできませんか?

最初が10億の資産であれば、1億円プレーヤーを5人とったら、あとは5億で他の選手を集めなければならないわけです

今の状況では、1球団が使える金額に差がありすぎため、一部の選手を除いて金払いの良い球団=選手が希望する球団になっているのが現状のようです

野球選手の給料が高いことに対して、選手生命が短いから当然という意見もありますが、他の職業だって同じです

自分の好きな野球をやって給料を貰うことに不満があるのであれば、転職すればすむことです

今の野球界、何か間違っていませんか?

とりあえずは、ドラフト会議の意義を見直して見て欲しいところです

 
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディベート| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon