2008年08月08日

EeePCで英語キーボード

本体を買う前に買ってしまうくらい、あちきは英語キーボードが大好きです(苦笑)

職場でも仕事に使っているPCが海外製品のため英語キーボードで重宝しているのはあちき位なもので、他の人は慣れないキーボードレイアウトに四苦八苦しています

さて、EeePC901Xのキーボードですが、4GXと全く同じものです

というわけで、大枚はたいて英語キーボード手に入れました

ep9x006.jpg


日本語キーボードでは寸詰まりになっているEnter付近もさっぱりしてます

ep9x007.jpg

本当はEnterが逆L字なのが欲しいところですが、流石にそこまでは望めません
レイアウトを見ていると、バックスラッシュをEnterに割り当ててしまい、元のEnterとプラ版で繋いでしまったらとっても良さげに見えてきます(苦笑)

バックスラッシュがないと、¥が打てなくなるので、ディレクトリの指定時に不便になりそうですが・・・・

 

注意!!
以下の作業を行なった場合、破損、故障を伴う場合があります
また、メーカー保証を受けられなくなる場合もあります
全て自己責任において行なうようにしましょう


さて、実際の作業ですが、意外と簡単なようで面倒
ネジ留は一切ないので、マイナスの精密ドライバーがあればok
できれば、小型のものを二本

キーボード上部三ヶ所にキーボードを留めている爪があるので、その爪を押し込みながら、キーボード本体を持ちあげるだけであとは簡単に外れます
接続はフィルムコネクタなので、切らないように細心の注意を払いましょう

両手にドライバーをもって、片方で爪を押しつつ、もう片方でキーボードを持ちあげるようにすると比較的簡単です

ep9x008.jpg


上側が外れましたら、フィルムケーブルに注意してキーボードを外します

ep9x009.jpg


フィルムケーブルのコネクタは左右のピンを押し上げると簡単にはずれます
接続する場合は逆にフィルムケーブルを差し込んでからピンを押し込みます


ep9x010.jpg


ep9x011.jpg

無事交換完了です

コツとしてはフィルムケーブルを極端に折り曲げたりしないように、取り回しに気をつけましょう


最後に、ソフト的な問題を解決
日本語版WindowsXP、VISTAでは英語キーボードを繋いだ場合でも、IMEを起動すると日本語配列が読み込まれてしまうというバグがあります
そこで、端からドライバを入れ換えてしまおうというのがこちら

AXドライバで英語キーボードを使う

あちきは右のALTをIMEの起動キーに使うのが好きなので、AXキーボード用のドライバを使うと特にいじることなく再現できることから好んで使っています

ダウンロード key.zip

こちらのファイルをダウンロード後解凍してAX.regを実行→再起動すると右のALTでIMEが起動する英語キーボードレイアウト仕様になります

alt+`でも不便がないんですけどね、日本語と英語の混じった文章を各身としてはワンタッチで切替られるこの方法が非常に便利で重宝しています
難点はたまに日本語キーボードを使うと間違えるといったところでしょうか(苦笑)

このファイルはデスクトップ環境でも使えますので日本語版Windowsで英語キーボードを常用されている方にお薦めです

アーカイブには通常の101キーボード(英語キーボード)用のファイルも含まれていますので、右altで[漢字]の代用なんてしないぜ!という方はこちらをお使い下さい
きっと幸せになれます

あーほんと、英語キーボード打ち易いなぁ・・・

 
posted by G's at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | EeePC| 管理者専用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104071257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

icon icon
htmy300.jpgicon